「MOON CHILD」


GACKTとHYDEがスクリーンで夢の共演。
呪われた運命に苦悩する吸血鬼の男と、
彼と固い絆で結ばれた青年。
いつしか別の道を歩み出す2人だが……。
監督は瀬々敬久。


MOON CHILD


経済が崩壊し、各国に移民を始めた日本人が多く暮らすアジアの町マレッパ。
暴力が支配する街に暮らす少年ショウはある時、負傷した男・ケイと知り合う。
ケイは死なないヴァンパイアだった。
10年後、成長したショウはケイとコンビを組み、
街を牛耳る悪の組織、ルカイと敵対する。
反ルカイの活動の中、2人は同じ目的を持った青年、
孫とその妹イーチェと仲間になり、
日本人移民トシを加えた5人は家族のような絆で結ばれるが…。



制作年/2003
内容時間/120分

監督/瀬々敬久
プロデュース/平野隆
脚本/GACKT
脚本/瀬々敬久
脚本/井土紀州
撮影/柴主高秀
音楽/安川午朗

(CAST)
ケイ/HYDE
ショウ/GACKT
ショウ(幼少期)/本郷奏多
トシ/山本太郎
孫/ワン・リーホン
信士/寺島進
ハナ/鈴木杏
イーチェ/ゼニー・クォック
ローリエ/石橋凌
ルカ/豊川悦司
蛇/千原靖史
鰐/千原浩史
ジュン/YOU
トシ(幼少期)/春山幹介
信士(幼少期)/久保孝典 


本作「MOON CHILD」
HYDEさんとGACKTさん夢の共演!
公開当時私の住む地域での上映がなく
劇場で観ることが出来なかった・・・
なので今回のWOWOWでの放送は本当に嬉しかった~♡

今回「MOON CHILD」の内容を知らずに観たので
HYDEさん演じるケイがヴァンパイアだったことに
ナイスキャスティング!!と思わずガッツポーズ(何故私が?)
HYDEさんのデビュー当時から変わらない美しさに
「ヴァンパイアだったのね」と妙に納得
(『VAMPS』はそこからきた?)

ショウ役のGACKTさんも美しいのですが
ショウの幼少期を演じた本郷奏多さんに目が釘付け!
12才?の美少年奏多さんの登場シーンが少なかったので
何度もそのカットを止めて見惚れていました♡

イーチェ役のゼニー・クォックさんも綺麗でしたね
ショウが惚れるのも分かります!
失語症のイーチェの目で語る演技が印象的でした
ラスト近くのイーチェの病床シーンは切なかったです
ショウのことをケイだと思い込み
ワン・リーホンさん演じる兄・孫のことは父親だと信じていた
悲しいシーンでしたが心に残るシーンでした


ヴァンパイアといえば『ポーの一族』を抜きには語れない?
(『ポーの一族』ではヴァンパイア=ヴァンパネラ)
HYDEさんがエドガーで、GACKTさんがアラン!?
年齢はかなり違いますが・・・ポーの2人は14才
宝塚歌劇団で『ポーの一族』を上演したので
是非お二人にも映画でポーの一族を・・・それはさすがに無理ですね^^;


ケイがヴァンパイヤであることの苦悩をシュウに打ち明けるシーン
シュウが自分の歳を追い越し先に死んでしまう
それでもケイはいつまでも同じ姿で生き続ける
その想像を絶する孤独に苛まれ
人の血を吸うことで生きている自分を化け物といい絶望している・・・
たぶん幼少期のシュウに助けられなかったら
ケイはそのまま太陽の熱で焼かれていた
シュウに助けられたことで居場所を見つけたケイは
シュウの為に生きていたのかな?と感じました
ラストの海のシーンでケイは救われた!?


私にとって「MOON CHILD」は
ハードボイルドの『BANANA FISH』と
耽美的な『ポーの一族』を彷彿とさせるお宝映画でした♡



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_08_28




「蜜蜂と遠雷」


第156回直木賞と第14回本屋大賞に輝いた、
恩田陸さんの同名小説を映画化。

ある国際コンクールに挑んだピアニストたちの内面と苦悩に迫る


蜂蜜と遠雷 MOVIE


3年に1度開かれ、若手ピアニストの登竜門となっている
芳ヶ江国際ピアノコンクール。
かつて天才少女と呼ばれて将来を嘱望されたが
7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えた亜夜は、
このコンクールに再起を懸ける。
その一方、岩手の楽器店で働きながら
これを最後のコンクール出場と決めたサラリーマン高島、
幼少のころ、亜夜とともにピアノを学んだ、
優勝の本命との呼び声が高いマサルらも大きな決意を胸に出場していて…。



制作年/2019
内容時間/120分

監督/石川慶
原作/恩田陸
脚本/石川慶
撮影/ピオトル・ニエミイスキ
劇中音楽/篠田大介

コンクール用作曲架空課題曲/「春と修羅」作曲:藤倉大

【ピアノ演奏】
河村尚子(栄伝亜夜)
福間洸太朗(高島明石)
金子三勇士(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)
藤田真央(風間塵)
オーケストラ演奏:東京フィルハーモニー交響楽団(指揮:円光寺雅彦)

(CAST)
栄伝亜夜/松岡茉優
高島明石/松坂桃李
マサル・カルロス・レヴィ・アナトール/森崎ウィン
風間塵/鈴鹿央士
ジェニファ・チャン/福島リラ
ナサニエル・シルヴァーバーグ/アンジェイ・ヒラ
嵯峨三枝子/斉藤由貴
小野寺昌幸/鹿賀丈史
高島満智子/臼田あさ美
仁科雅美 /ブルゾンちえみ
ピアノ調律師/眞島秀和
クロークの女性/片桐はいり
菱沼忠明/光石研
田久保寛/平田満


恩田陸さんの原作小説『蜂蜜と遠雷』を読み
コンクールで演奏されるピアノ曲の音楽描写に圧倒されました
小説だからこそ表現出来た繊細で美しい言の葉が奏でる響き
その音楽描写を実際の映像でどう表現するのか!?
実はあまり期待せずに映画を観ました
恩田陸さんの美しい音楽描写を実写化するのは無理なのでは・・・
実際映画を観ても私が小説を読んでイメージした世界と少々異なり
でも私の感じたイメージなんてどうでもいい!と思わせてくれるほど
映画「蜂蜜と遠雷」でのコンクールのピアノ演奏シーンが凄かった
(4人のピアニストが主要コンテスタント4人の演奏を担当)
4人とも本当に素晴らしい演奏でそれが聴けただけでも観てよかったです
小説とは違う「蜂蜜と遠雷」を楽しめました(^^) 

コンテスタント役の4人、ナイスキャスティング!
中でも風間塵役の鈴鹿央士さんは本当に塵が存在している!?
天然の天才!?塵を見事に演じていました
鈴鹿央士さんは正しく蜂蜜王子でしたね

過去のトラウマから抜け出せずにいる栄伝亜夜役の松岡茉優さん
その内面の揺れ動く心理描写を見事に演じきり
ラストシーンでのトラウマから抜け出せた亜夜に思わず拍手!

森崎ウィンさんと松坂桃李さんは
最初の登場シーンでは私のイメージと少々違っていましたが
松坂さんカッコよすぎてサラリーマンに見えず・・・^^;
森崎ウィンさんはピアニストというよりはスポーツ選手!?
でも2人とも物語が進んでいくうちにしっかりと
松坂さんは高島に、森崎さんはマサルになっていました

本編の内容とはあまり関係ないけど・・・
クロークの女性役の片桐はいりさん、すごい存在感で(笑)
もしかしたら映画の中で一番印象に残っているかも!?
片桐はいりさんの存在感には誰もかなわない!?

映画「蜂蜜と遠雷」面白かったです♪



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_08_27




「HELLO WORLD」


「ソードアート・オンライン」シリーズの伊藤智彦監督が
主人公役に北村匠海さん、大人になった主人公役に松坂桃李さん、
ヒロイン役に浜辺美波さんという豪華な声のキャストを迎えて作った
オリジナル長編劇場アニメ
脚本は「正解するカド」「バビロン」の野崎まどさん


HELLO WORLD


2027年の京都。内気な男子高校生・直実の前に、
突然10年後の2037年から来たという未来の自分“ナオミ”が現われる。
ナオミは直実に対し、ある衝撃の事実と、
3カ月後、直実と恋人同士になって間もなく命を落とすという
同級生・瑠璃の悲劇を語る。
瑠璃にはむしろ苦手意識を抱いていた直実だったが、
ナオミの指示通りに行動するうち、次第に彼女の魅力に気付いていく。
そんな直実は、果たして瑠璃の運命を変えられるのか?



制作年/2019
内容時間/98分

監督/伊藤智彦
脚本/野崎まど
キャラクターデザイン/堀口悠紀子
音楽/2027Sound
アニメーション制作/グラフィニカ

(声の出演)
堅書直実/北村匠海
カタガキナオミ/松坂桃李
一行瑠璃/浜辺美波
カラス/釘宮理恵
千古恒久/子安武人
徐依依/寿美菜子
勘解由小路三鈴/福原遥


二転三転するストーリー展開を観ながら
何故か萩尾望都先生の短編マンガ『ラーギニー』と
黒沢清監督の映画『リアル~完全なる首長竜の日~』が頭に浮んできた
本作「HELLO WORLD」で描かれた世界が『ラーギニー』を連想させ
ラストシーンは『リアル・・・』を観て感じた“えーっ!!そうだったのー!”
心の叫びが同じだった!?
『リアル~完全なる首長竜の日~』をもう一度観たくなったので
来月のWOWOWでの放送を予約して観ます(^_^)v


最初は「HELLO WORLD」SF青春ロマンス!?と軽く見ていましたが
思っていた以上に内容が複雑で一度見ただけでは理解出来ず・・・
なので続けて二度観ました
そうしたら冒頭でちゃんとナオミが直実に説明していた!
研究所のシーンも最初に挿入されていたし
一度目に観た時は気にも止めなかったシーンが結構重要で^^;
難解なストーリー展開も面白かったのですが
映像もとても綺麗なので二度観ても楽しめました(^^)



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2020_08_24




「いなくなれ、群青」


河野裕さんの青春ファンタジー小説を、
横浜流星さんと飯豊まりえさん共演で柳明菜監督が映画化


いなくなれ、群青


ある日突然、七草は“階段島”と呼ばれる島にやって来た。
そこは捨てられた人々の島で、なぜ自分がこの島に来たかを知る者はおらず、
島を出るには“失くしたもの”を見つけなければならない。
そんなある日、七草は海のそばの堤防に立つ幼なじみの少女・真辺と再会する。
この島に来たことが“納得できない”と憤慨する彼女は、
島を出るため、七草や周囲の人々を巻き込みながら、
島にまつわる“謎”を解き明かそうとするのだが…。



制作年/2019
内容時間/106分

監督/柳明菜
脚本/高野水登
撮影/安藤広樹
音楽/神前暁
主題歌/Salyu「僕らの出会った場所」
主題歌プロデューサー/小林武史

(CAST)
七草/横浜流星
真辺由宇/飯豊まりえ
堀/矢作穂香
佐々岡/松岡広大
水谷/松本妃代
豊川/中村里帆
ナド/黒羽麻璃央
トクメ先生/伊藤ゆみ
時任(郵便局員)/片山萌美
野中(タクシー運転手)/君沢ユウキ
ハル(管理人)/岩井拳士朗


物語の世界観は曖昧でつかみ所がなかったのですが
ファンタジー映画独特の不思議な余韻がとても心地よく
そして何より映像の美しさに惹き込まれました

キャスティングもよかったです
七草役の横浜流星さんと由宇役の飯豊まりえさん
諦観している七草と諦めることを由としない由宇
ふたりとも嵌まり役でしたね

他にも堀役の矢作穂香さん(イタKissとは真逆のキャラ)
天然キャラの琴子も可愛かったけど
ミステリアスな堀の雰囲気がとても似合っていました

その中で私が一番気になった俳優さんは
『テニスの王子様』2ndシーズンで 菊丸を演じていた黒羽麻璃央さん
菊丸登場、いえ黒羽さんの(ナドの)出演シーンを止めて確認しました^^;
“やっぱり菊丸だぁー!!嬉しいー!!”


映画「いなくなれ、群青」面白かったので
河野裕さんの原作小説も読んでみたくなりました

いなくなれ、群青 小説



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_08_23




「i 新聞記者ドキュメント」


「A」の鬼才・森達也監督が
東京新聞の望月衣塑子記者の活動に迫った
社会派ドキュメンタリー


i新聞記者ドキュメント


東京新聞社会部の遊軍記者・望月には、
夫や子ども2人がいるが、忙しく取材活動を続ける。
沖縄に出向くと、辺野古基地移設問題を取材。
続けて森友学園問題や加計学園問題の関係者たち、
伊藤詩織、前川喜平らにインタビューしていく。
官邸記者会見で質問をして相手にされなくても、
官邸スタッフに同じ質問を繰り返すなと注意されても、諦めない望月。
そんな中、森監督は記者会見を取材したいと望むが、
官邸に入る許可が下りず…。



制作年/2019
内容時間/115分

監督/森達也
企画/河村光庸
音楽/MARTIN
編集/鈴尾啓太

出演/望月衣塑子

WOWOWより
『東京新聞以外にも寄稿し、映画「新聞記者」の原案となった
ノンフィクションなど著書も多い望月記者は、
メディアに関心がある人には有名だろう。
「A」「FAKE」など、ドキュメンタリー界の鬼才であり
作家でもある森監督はメディアとジャーナリズムは大切だと考え、
望月記者のドキュメンタリーを作ろうと決心。
常に動き続け、取材対象に接近する、エネルギッシュな望月の姿を通じ、
現在の日本を考えてみたい。
第93回キネマ旬報ベスト・テンの文化映画の部で第1位に選ばれた。
ぜひ「新聞記者」とセットで見よう。』
ということでセットで観させて頂きました。


映画『新聞記者』が静だとしたら
「i 新聞記者ドキュメント」は動
望月記者は常に動き回り一時もじっとしていない
立ち止まっていても頭の中はフル回転

沖縄の辺野古基地埋め立ての赤土問題や
宮古島の自衛隊基地弾薬庫問題など
(当時ニュースでは知っていたが)
望月記者の何事にも諦めない突っ込んだ取材により
東京新聞の記事に掲載され
宮古島の弾薬庫の場所が見直されるきっかけとなった
その過程を私は知らなかったので
望月記者が地元住民の意見を正面から受け止め取材する姿に
ジャーナリストの本来の姿を見たように思えたのだが・・・
所属している新聞(TV)でかなり捉え方は違う・・・それは理解しているつもり

望月記者が地元に足を運んで地道に取材する姿を
森監督自ら手持ちのカメラで取材しているので
脚色無しの真実を見ることができよかったです
ドキュメンタリーなので当たり前ですね^^;

とてもエネルギッシュなドキュメンタリーなので
あまりの流れの速さに一度見ただけではついていけず
続けて二度観ました・・・^^;
ついでに『新聞記者』をもう一度再読しようかな!?
とりあえず本棚から取り出し今目の前に置いています
映画を観た後なので以前読んだときとは異なる発見があるかも?



テーマ : ドキュメンタリー映画    ジャンル : 映画
 2020_08_22




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.