「万引き家族」


第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール、
第42回日本アカデミー賞では
作品賞を筆頭に最多8部門で最優秀賞を受賞するなど、
国内外で絶賛を博した是枝裕和監督の話題作。


「万引き家族」


都会の片隅の今にも壊れそうなボロ家で
ひっそりと暮らす、治と妻の信代、息子の祥太、
治の老母・初枝、そして信代の妹・亜紀の奇妙な5人家族。
彼らは、家族ぐるみで店で万引きを働いたり、
初枝が定期的にもらう年金を頼りに、どうにか毎日を送っていた。
ある冬の晩、近所の団地の外で震える
幼い女の子ゆりを見るに見かねた治が、
彼女を家に連れ帰り、家族に新しい仲間が加わる。
そんな彼ら一家は、実はある秘密を抱えていた…。



監督/是枝裕和
脚本/是枝裕和
撮影/近藤龍人
音楽/野晴臣


(CAST)
治/リリー・フランキー
信代/安藤サクラ
初枝/樹木希林
亜紀/松岡茉優
祥太/城桧吏
ゆり/佐々木みゆ
“4番さん”/池松壮亮


「万引き家族」を一言でいうと
偽装家族が万引きで生計を立てている話
なんだか観ていて切なくなってきました


おばあちゃんに可愛がられていたはずの亜紀
本当のところはどうだったの!?

治が実の母親から虐待されていたゆりを助け出し
一緒に暮らし始めることに・・・
治と信代夫婦、おばあちゃんと亜紀、そして祥太とゆり
本当の家族にしか見えない

最初は家族だと思って観ていたけれど
どうして他人の6人が一緒に暮らしていたのか
その理由が次第に解き明かされていく
それぞれに辛い過去を背負っていて・・・

唯一の救いは信代がゆりのことを
実の娘のように大切にしていたこと
祥太もゆりを妹のように可愛がっていた
・・・でもラストシーンのゆりのアップは何を意味するのか!?
その後ゆりはちゃんと育ててもらえたのかな!?

社会の底辺で生きている人々を
かなり濃く凝縮して描いていた衝撃の問題作
観ていて心が痛くなり
鑑賞後の後味もあまり良くなかったです


物語としてはかなりインパクトの強い内容でしたが
役者陣の自然体の演技は素晴らしかった
子ども達も演技をしているように見えなくて
本当にこの苦境の中で生きているのでは?と思ってしまったほど
特に祥太役の城桧吏君はホント良い演技していました

樹木希林さんや安藤サクラさん流石です!
樹木希林さんの圧倒的な存在感が凄い!
でも初枝の存在感に信代も負けていませんでした!

この手のダメ男を演じるならリリー・フランキーさんしかいない!?
ホント嵌まり役でしたね
不思議な空気感を纏っている役者リリーさん
次回出演作も楽しみです。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_08_11




「無限の住人」


三池崇史監督が木村拓哉さんを主演に迎え
沙村広明さんの同名漫画を実写映画化。


無限の住人


逸刀流の統主・天津率いる剣客集団に両親を殺され復讐を誓った少女・凜。
彼女は、謎の老女から“不死の侍”を用心棒に雇うよう助言される。
凜は江戸中を探し、ようやくその男…顔に大きな傷があり、
異形の武器を携えた隻眼の侍・万次を見つけ出す。
彼は凜に似た妹を亡くして半世紀、生きる目的もなくただ生きていた。
万次は凜の願いを聞き、仇討ちの手助けを承知する。
だが強敵との戦いの中、万次は体に異変を感じ始め…。


制作年/2017
内容時間/141分

監督/三池崇史
原作/沙村広明
脚本/大石哲也
撮影/北信康
音楽/遠藤浩二

(CAST)
万次/木村拓哉
浅野凜・町/杉咲花
天津影久/福士蒼汰
尸良/市原隼人
乙橘槇絵/戸田恵梨香
閑馬永空/市川海老蔵
吐鉤群/田中泯


沙村広明さんの原作コミックは未読です。

木村拓也さん主演映画を2作続けて観ましたが
「無限の住人」でもキムタクの演技に魅せられました!
万次が不死身になるシーンを
モノクロからカラーになることで表していた
映像の撮り方も面白かったです。
そして迫力の殺陣のシーンは
オープニングの100人斬りも凄かったけど
ラストの300人斬りはさらに凄かった!


他のキャストもナイスキャスティングでした!
杉咲花さん文句なくカワイイ~♡
その上演技も上手いです!
福士蒼汰さんも文句なくカッコいい~♡
凜の敵役でしたがそれでもカッコよかったです

「無限の住人」前評判を見て
実はあまり期待せずに観たのですが
思いのほか面白かったです!
最後まで楽しませてもらえました(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_08_09




「検察側の罪人」


雫井脩介さんのベストセラー小説を
木村拓哉さんと二宮和也さんを迎え
『関ヶ原』の原田眞人監督が映画化


検察側の罪人


都内で殺人事件が発生、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、
刑事部に配属されたばかりの駆け出し検事・沖野が担当することに。
最上は複数いる容疑者の中から、過去に時効となってしまった
未解決事件の重要参考人だった松倉という男性に狙いを定める。
沖野は最上に聴取を命じられ、事務官の沙穂とともに松倉と相対する。
だが松倉は犯行を否認し、まったく手ごたえが感じられない。
やがて、沖野は最上の捜査方針に疑問を抱く。


制作年/2018
内容時間/124分

監督/原田眞人
脚本/原田眞人
撮影/柴主高秀
音楽/富貴晴美
音楽/土屋玲子

(CAST)
最上毅/木村拓哉
沖野啓一郎/二宮和也
橘沙穂/吉高由里子
諏訪部利成/松重豊
丹野和樹/平岳大
小田島誠司/八嶋智人
弓岡嗣郎/大倉孝二
白川雄馬/山崎努
松倉重生/酒向芳


雫井脩介さんの原作小説は未読です。

「検察側の罪人」観ましたが
私が想像していた内容とはかなり違っており
(私は法廷劇だと思い込んでいたのよね・・・^^;
 逆に意表を突かれたことでより楽しめた!?)

突っ込み処満載の映画だったので
その度に“えー辞めるの!?”とか
“なんで殺す必要があるのよー!?”とか
ダメ出ししながら映画を観ていました
それはそれで楽しかったです(^^)

それにしても二宮さん童顔過ぎて検事に見えない!
研修中の学生さん?って言われ方が納得
でも演技力は流石!上手いです!
どんな役柄でも毎回ニノの演技に魅せられています。

木村さんの演技も凄かった
どの作品に出演しても役柄ではなくキムタクだ!と感じてしまうけど
それでも映画の世界観を決して崩すことなく
ちゃんと最後まで楽しませてもらえ
本作でも最上を木村流で見事に演じきり素晴らしかったです
童顔ニノ沖野とキムタク最上を堪能させて頂きました(^^)

他の俳優陣も松重豊さんをはじめクセのある名優さんが出演しており
キャスティングもとてもよかったです。

ただ吉高由里子さんが演じた橘沙穂が
私には沖野の姉にしか見えなくて・・・^^;
吉高さんではなく童顔ニノ沖野のせいなので
どの女優さんが演じても姉にしか見えなかったのでは!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_08_08


「BLEACH」

Category: 映画 > ・邦画  


「BLEACH」


久保帯人さんの人気漫画「BLEACH」を実写映画化。


BLEACH


幼いころに母を亡くし、父と2人の妹と暮らしていた高校生・一護。
幽霊が見える以外は普通の少年だったはずの彼だが、
ある日“死神”と名乗る少女ルキアが現われたことで
運命が大きく動き始める。
“虚(ホロウ)”と呼ばれる悪霊が一護の家族を襲った上、
助けに入ったルキアも瀕死の重傷を負い、
彼女は最後の手段として本来人間に譲ってはいけない
死神の力を一護に与えたのだ。
一護は家族を守るため虚に立ち向かうのだが……。



制作年/2018
内容時間/109分

監督/佐藤信介
脚本/羽原大介
脚本/佐藤信介
撮影監督/河津太郎
音楽/やまだ豊
主題歌/「Mosquito Bite」[ALEXANDROS]
      挿入歌「MILK」
アクション監督/下村勇二

(CAST)
黒崎一護/福士蒼汰
朽木ルキア/杉咲花
石田雨竜/吉沢亮
井上織姫/真野恵里菜
茶渡泰虎/小柳友
浦原喜助/田辺誠一
阿散井恋次/早乙女太一
朽木白哉/MIYAVI
黒崎真咲/長澤まさみ
黒崎一心/江口洋介


原作漫画は未読ですが
TVアニメは時々観ていました

一護を福士蒼汰さんが演じるので期待していましたが
思っていた以上に面白かったです!
ルキア役の杉咲花や石田役の吉沢亮さん、他
ナイスキャストでした!

TVアニメ「BLEACH」を観ながら疑問に感じていたこと
どうして高校生が死神なの?
本作を観て謎が解けました!
ルキアに助けてもらったことで
死神代行になったんですね

[ALEXANDROS]の主題歌&挿入歌も
映画とマッチしていて最高でした!
エンディングロールで「Mosquito Bite」を聴けただけでも
「BLEACH」を観て良かった~♡

WOWOWで劇場版アニメも一挙放送!
『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』
『劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸』
『 劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ』
『劇場版BLEACH 地獄篇 』
こちらの4作品もHDDに録画したので今から観るのが楽しみです(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_07_31




「SUNNY 強い気持ち・強い愛」


韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を日本でリメイク


SUNNY


1990年代、東京の同じ女子高に通っていた
仲良しグループ“サニー”の一員だったが
今は高校生の娘を持つ専業主婦になった奈美は、
かつて“サニー”のリーダーだった芹香と思いがけずに再会。
しかし、芹香は末期がんで余命わずかだった。
そんな芹香に頼まれ、奈美は
“サニー”の元メンバーたちを私立探偵・中川に捜させる。
奈美が1人ずつ再会していく元“サニー”の面々はこの約20年間、
それぞれに大変な暮らしを送っていた。


制作年/2018
内容時間/118分

監督/大根仁
企画・プロデュース/川村元気
脚本/大根仁
撮影/阿藤正一
撮影/橋本桂二
音楽/小室哲哉

(CAST)
奈美(2018年)/篠原涼子
奈美(1990年代)/広瀬すず
裕子(2018年)/小池栄子
心(2018年)/ともさかりえ
梅(2018)/渡辺直美
奈々(1990年代)/池田エライザ
藤井渉/三浦春馬
中川/リリー・フランキー
芹香(2018年)/板谷由夏




韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」


韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」


専業主婦のナミは母親が入院した病院で、
高校時代の親友チュナと偶然再会。
25年前、ナミは転校先の高校でチュナと出会い、
彼女とその親友たちとナミを合わせた7人の少女は
仲良しグループ“サニー”を組んでいた。
しかし現在のチュナは難病で余命2カ月。
チュナに頼まれ、“サニー”のメンバーを捜すナミは、
25年前の楽しかった日々を思い出しつつ、
夫も娘もいて不自由ない今の自分は、
なりたかった自分になれたかと自問する。


原題/Sunny
制作年/2011
制作国/韓国
内容時間/125分


先に韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を観たので
日本版を観ながらどうしても韓国版と比べてしまい…
使われていた楽曲も韓国版のボニーMやシンディ・ローパーの楽曲が
すごく懐かしくて学生時代にタイムスリップした気分に!?

内容もほとんど同じだったので先に観たほうの印象が良いのはしかたない
それに私はルーズーソックス世代でもないのでその面でも共感度が薄くて…

「サニー 永遠の仲間たち」では泣きながら観た覚えがあるのですが
すでにエンディングを知っていた「SUNNY 強い気持ち・強い愛」では
どちらかというと粗探しをしながら観てしまったかも
篠原涼子さんや広瀬すずさん等、大好きな女優さんが出演していたので
キャスティング面では楽しませてもらえました(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_07_29




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.