「しゃぼん玉」


乃南アサさんの同名小説を
林遣都さんと市原悦子さんの共演で映画化
東伸児監督の劇場映画初監督作品


しゃぼん玉


親の愛情を知らずに育ち、
女性や老人ばかりを狙った強盗傷害事件を繰り返していた青年・翔人。
ある日、人を刺して逃亡していた彼は、迷い込んだ宮崎の山深い村で、
けがをしていた老女スマを助けたことを機に
彼女の家に寝泊まりするようになる。
さっさと金を盗んで逃げるつもりだった翔人だが、
彼をスマの孫だと勘違いした村人たちに何かと世話を焼かれ、
山仕事や祭りの準備を手伝ううちに、
いつしか彼のすさんだ心に変化が訪れる。



制作年/2017
内容時間/109分

監督/東伸児
原作/乃南アサ
脚本/東伸児
撮影/宮本亘
音楽/奈良悠樹
主題歌/秦基博「アイ(弾き語りVersion)」

(CAST)
伊豆見翔人/林遣都
美知/藤井美菜
スマの息子/相島一之
シゲ爺/綿引勝彦
スマ/市原悦子


乃南アサさんの原作小説は未読です

林遣都さんと市原悦子さんが出演しているので観ました

市原悦子さん演じるスマが
林さん演じる(通り魔ひったくり犯)翔人に助けられたことで
見ず知らずの若者・翔人を自分の家に住まわせる
スマはまるで実の孫のように接して
『坊は、ええこじゃの』と言って翔人のあるがままを受け入れる
親の愛情を知らずに育った翔人にとって
スマの無性の愛が翔人の心の闇に微かな光を灯し
やがて自分の犯した罪に向き合えるようになる
ざっと言うとこんな物語ですが
その描き方が素晴らしい!

市原さんのスマはマンガ日本昔話を彷彿とさせ
その優しい語り口に癒やされました
シゲ爺の厳しい優しさ!?にも心打たれます
そして美知役の藤井美菜さんの存在も大きい
登場シーンは少ないのですが
美菜の前向きな生き方があったからこそ
翔太は自分の犯した罪と向き合えるようになり
その翔太を救ったのはスマの全てを包み込む優しさでした

エンドロールで秦基博さんの「アイ」が流れて感涙(T_T)
それも弾き語りVersion!
「アイ」大好きな曲なのでホント嬉しかったです♡



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_01_26




「そらのレストラン」


「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く
“北海道映画”シリーズの第3作。


そらのレストラン


北海道の南にある、せたな町。
海が見える牧場で酪農業をする亘理は
妻のこと絵やひとり娘と暮らしていた。
彼は同じく農業をする仲間に囲まれ、
厳しくも美しい大地で楽しい日々を送る。
ある日、亘理たちは朝市で有名シェフの朝田と出会う。
彼らの作った食材を激賞した朝田とともに、
亘理たちはせたな町のおいしいものを届けるための
一日だけのレストラン開業に向けて動きだす。
だが亘理のチーズ作りの師匠・大谷が倒れてしまい…。



制作年/2019
内容時間/126分

監督/深川栄洋
脚本/土城温美
脚本/深川栄洋
撮影/板倉陽子
音楽/平井真美子

(CAST)
設楽亘理/大泉洋
設楽こと絵/本上まなみ
神戸陽太郎/岡田将生
石村甲介/マキタスポーツ
富永芳樹/高橋努
野添隆史/石崎ひゅーい
朝田一行/眞島秀和
稲熊/鈴井貴之
大谷佐弥子/風吹ジュン
大谷雄二/小日向文世


“北海道映画”シリーズ3作目
『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』も観ました
「そらのレストラン」も先の2作品同様に
北海道の風景が素晴らしくて
映像を見ているだけでも癒やされます(^^)

3作めの主演も大泉洋さん
今回の酪農家・亘理も嵌まり役でしたね

北海道シリーズ次回作も楽しみです
・・・第4弾あるのかな!?




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_01_22




「東京オリンピック」


1964年(昭和39年)に開かれた
東京オリンピックを記録したドキュメンタリー映画で
公開当時、“記録か芸術か”という大論争を呼んだ問題作。
総監督は巨匠、市川崑。


映画 東京オリンピック


“オリンピックは人類の持っている夢のあらわれである”。
1964年10月10日。
聖火ランナーが満場の国立競技場に到着すると、
第18回夏季オリンピックが開会する。
短距離走、走高跳、砲丸投、棒高跳、走幅跳、体操、
水泳、ウエイトリフティング、レスリング、柔道、射撃、自転車競技、
“東洋の魔女”と呼ばれる全日本チームが活躍した女子バレーボールなど、
白熱した名勝負の数々に、世界中から集まった観客が歓声を上げる。



制作年/1965
内容時間/170分

総監督/市川崑
脚本/市川崑
脚本/和田夏十
脚本/白坂依志夫
脚本/谷川俊太郎
撮影/宮川一夫
撮影/林田重男
撮影/中村謹司
撮影/田中正
音楽監督/黛敏郎

ナレーション/三國一朗



「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」


世界で初めて《パラリンピック》という愛称で呼ばれ、
以後その名で定着することになった、
1964年東京パラリンピック大会の様子を記録した
貴重なドキュメンタリー映画。


「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」


1964年秋、
東京で開催された第18回オリンピックが成功に終わり、
街が次第に落ち着きを取り戻したころ、
もう一つの国際スポーツ大会が開幕する。
それは《国際身体障害者スポーツ大会》。
この時、世界で初めて《パラリンピック》という愛称が用いられ、
以後この名で親しまれることに。
当時の皇太子ご夫妻も臨席して開会式が催された後、
いよいよ大会がスタート。53人の日本人参加者も、
各国の選手たちに交じって競技に励む。



制作年/1965
内容時間/63分

監督/渡辺公夫
脚本/渡辺公夫
音楽/團伊玖磨

解説/宇野重吉


とても貴重な記録映画を観ることが出来ました
WOWOWさん感謝ですm(_ _)m

市川崑監督の映画「東京オリンピック」は知っていましたが
渡辺公夫監督の「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」は
知りませんでした・・・と言うより
東京オリンピック、パラリンピックをリアルタイムで観ていないので
その当時パラリンピックが開催されていたことも知らなかった^^;

2020東京オリンピック&パラリンピック
今から楽しみです(^^)




テーマ : ドキュメンタリー映画    ジャンル : 映画
 2020_01_21


「来る」

Category: 映画 > ・邦画  


「来る」


澤村伊智さんの原作『ぼぎわんが、来る』を
中島哲也監督が、岡田准一さん、黒木華さん、
松たか子さん、妻夫木聡さんら豪華キャストで映画化

キャストが凄いので怖いけど・・・「観る」


来る


子煩悩な男性・秀樹は、最近周囲で起きている
怪異な出来事の数々に不安を抱き、
妻の香奈と幼いひとり娘を守るため、
友人の民俗学者・津田に相談し、
オカルトライターの野崎に、
一連の出来事に関する調査を依頼する。
野崎は日本最強の霊媒師・琴子を姉に持つ
キャバクラ嬢・真琴とともに調査を始めるが、
秀樹の家に取り憑いている“何か”は
真琴の手に負える相手ではない。
やがて事態は深刻化し、多数の死傷者が続出するように…。



制作年/2018
内容時間/135分

監督/中島哲也
原作/澤村伊智
企画・プロデュース/川村元気
脚本/中島哲也
脚本/岩井秀人
脚本/門間宣裕
撮影/岡村良憲

(CAST)
野崎和浩/岡田准一
田原香奈/黒木華
比嘉真琴/小松菜奈
津田大吾/青木崇高
逢坂セツ子/柴田理恵
高梨重明/仲野太賀
比嘉琴子/松たか子
田原秀樹/妻夫木聡


澤村伊智さんの原作『ぼぎわんが、来る』は未読です

「来る」ホラーが苦手な私でも全然大丈夫でした
もちろん目に見えない何かが「来る」怖さはありましたが
それが気にならないほど映像が美しくて
それと主役級の俳優陣を惜しげもなく血祭りに!?
なんとも贅沢な映画でしたね^^;

松たか子さん演じる最強霊媒師・琴子と
逢坂セツ子役の柴田理恵さんの演技力は流石!
特に柴田理恵さんの迫真の演技はホント凄かった

女性陣に比べて男性陣は頼りない演技が光っていた!?
妻夫木さん演じる秀樹を筆頭にダメ男ばかりで

「来る」の主人公は岡田准一さんだったんですね!?
岡田さんはダメ男の中ではまだましな野崎役
その野崎と最後まであきらめずに頑張った真琴
真琴役の小松菜奈さんホント素晴らしい演技で魅せられました
香奈役の黒木華さんもよかったけど
小松菜奈さんのエキセントリックな真琴
迫力満点の琴子に存在感では負けていませんでしたよ

ラストシーン私の頭では『?』理解出来ず・・・
原作ではちゃんと終わったようなので
結末知りたければ『ぼぎわんが、来る』を読むしかない
『ぼぎわんが、来る』読みます!




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_01_18




「フォルトゥナの瞳」


百田尚樹さんの同名小説を
神木隆之介さんと有村架純さんをW主演に迎え
三木孝浩監督が映画化したラブストーリー

フォルトゥナの瞳


幼少期に飛行機事故で両親を失った木山は、
友人も恋人も作らず、自動車整備工の仕事に打ち込んできた。
ある日、彼は自分が“死を目前にした人間が
透けて見える”能力を持っていることを知る。
望まぬ能力に苦悩する中、携帯電話を修理してもらおうと
ショップに寄った彼は店員の葵と出会う。
明るく、自分に対して夢や希望を与えてくれる葵に
木山は次第に惹かれていくが、
街行く人々が次々と透けて見えてしまうようになり…。



制作年/2019
内容時間/111分

監督/三木孝浩
脚本/坂口理子
脚本/三木孝浩
撮影/山田康介
音楽/林ゆうき

(CAST)
木山慎一郎/神木隆之介
桐生葵/有村架純
金田大輝/志尊淳
宇津井和幸/DAIGO
黒川武雄/北村有起哉
遠藤美津子/斉藤由貴
遠藤哲也/時任三郎


「フォルトゥナの瞳」原作は未読です。

神木隆之介さんが出演しているので観た映画です
神木さん難しい役どころの木山役を
見事に演じており流石ですね
子役時代からずっと神木ファンですが
カワイイ子役から素晴らしい俳優に成長して
ホント嬉しいかぎりです(母親目線 ^^;)

DAIGOはいつもの面白キャラではなく
意地の悪いセレブ・宇津井役で
若手俳優ブレイク中の志尊淳さんも
木山に嫉妬している仕事仲間の金田役
二人ともいつものイメージとはちがう役柄でしたが
結構嵌まっていました!

ヒロイン・葵役の有村架純さん可愛い♡
でも私、途中で葵の力に気付いてしまった
ラストシーンで『やっぱりそうだったかー!』
ストーリーが思った通りの展開になったので
『どうだー!』と自分に自慢していました(笑)




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_01_14




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.