「九月の恋と出会うまで」


松尾由美さんの同名小説を
高橋一生&川口春奈ダブル主演で山本透監督が映画化。


九月の恋と出会うまで


写真が趣味のOL志織は、
アーティストしか入居できない風変わりなマンションに引っ越した。
ある夜、彼女はエアコンの穴から聞こえる不思議な声に耳を傾ける。
声は1年後の未来にいる隣室の平野だと名乗り、
現在の自分を尾行してほしいという。
不審に思いながらも尾行を始める志織だが、
そのおかげで自宅に強盗殺人犯が入った時、
鉢合わせして殺されることを免れた。
志織は思い切って現在の平野に相談を持ち掛けるのだが…。



制作年/2019
内容時間/106分

監督/山本透
原作/松尾由美
脚本/山本透
脚本/草野翔吾
脚本/山田麻以
撮影/飯田佳之
音楽/Evan Call

(CAST)
平野進/高橋一生
北村志織/川口春奈
倉/浜野謙太
祖父江/中村優子
香穂/川栄李奈
森秋真一/古舘佑太郎
権藤/ミッキー・カーチス


松尾由美さんの原作小説は未読です

高橋一生さんが出演していたので観ました
ヒューマンドラマかな?と思っていましたが
こてこての!?ラブファンタジー映画でした
設定にかなり無理がありましたが
ファンタジーですからね・・・まぁ許容範囲と言うことで(笑)

大河ドラマに出演中の川口春奈さん演じる志織に
この張り込みではみつかっちゃいますよ!?と
思わずつっこみを入れたくなりましたが
高橋一生演じる平野は全然気付いていませんでしたね




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_02_07




「春の雪」


行定勲監督が三島由紀夫の遺作を映画化。
妻夫木聡さんと竹内結子さんを主演に迎え
大正時代に展開される切なくも美しい恋愛劇を綴る


春の雪


大正初期。
幼なじみとして育った侯爵家の子息・松枝清顕と
伯爵家の令嬢・綾倉聡子はいつしか惹かれ合っていたが、
互いにそれに気付かずにいた。
そんなある日、聡子に宮家の洞院宮治典王から縁談が舞い込む。
綾倉家にとっては願ってもないことで、
また断わることなど許されない話でもあった。
正式な婚約の勅許が下りた後、清顕はようやく自らの本当の想いを知る。
聡子もまた、自分が本当に愛しているのは清顕だと気付くのだが…。



制作年/2005年
内容時間/151分

監督/行定勲
製作/富山省吾
脚本/伊藤ちひろ
脚本/佐藤信介
撮影/リー・ピンビン
音楽/岩代太郎
主題歌/宇多田ヒカル「Be My Last」

(CAST)
松枝清顕/妻夫木聡
綾倉聡子/竹内結子
本多繁邦/高岡蒼佑
パッタナディド殿下/スウィニット・パンジャマワット
クリッサダ殿下/アヌチット・サパンポン
洞院宮治典王殿下/及川光博
松枝家執事の山田/田口トモロヲ
洞院宮妃/高畑淳子
綾倉伯爵/石丸謙二郎
綾倉伯爵夫人/宮崎美子
清顕の祖母/岸田今日子
月修寺門跡/若尾文子


三島由紀夫さんの原作小説は未読です

映像がとても美しい映画でした
内容よりも映像の美しさに惹かれて続けて二度観てしまった^^;

妻夫木聡さんが演じた清顕の子どもっぽさに辟易し
(そう言ったら子どもに失礼ですね^^;)
男性中心の昔の純文学をそのまま映画化
三島作品は好きで何冊か読みましたが
本作の世界観にはいまひとつ入り込めませんでした

ただ聡子役の竹内結子さんの輝くような美しさに
美しい聡子に出会えるだけでも観る価値あり!です(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_02_06




「ラストレター」


岩井俊二監督が体験した出来事を基にした物語を
松たか子さんや福山雅治さん、他豪華キャストで映画化!


ラストレター


夫と子供と暮らす岸辺野裕里は、
姉の未咲の葬儀で未咲の娘・鮎美と再会する。
鮎美は心の整理がついておらず、
母が残した手紙を読むことができなかった。
裕里は未咲の同窓会で姉の死を伝えようとするが、
未咲の同級生たちに未咲本人と勘違いされる。
そして裕里は、初恋の相手である小説家の乙坂鏡史郎と
連絡先を交換し、彼に手紙を送る。



制作年/2020年
内容時間/121分

監督・原作・脚本・編集/岩井俊二
制作/市川南
企画・プロデュース/川村元気
撮影監督/神戸千木
美術/都築雄二・倉本愛子
音楽/小林武史
主題歌/森七菜「カエルノウタ」(作詞・岩井俊二:作曲・小林武史)

(キャスト)
岸辺野裕里/松たか子
乙坂鏡史郎/福山雅治
乙坂鏡史郎(高校生)/神木隆之介
岸辺野未咲:未咲の娘・鮎美/広瀬すず
岸辺野颯香:高校生の裕里/森七菜
岸辺野宗二郎/庵野秀明
波戸場正三/小室等
岸辺野昭子/水越けいこ
阿藤陽市/豊川悦司
サカエ/中山美穂
遠野純子/木内みどり
遠野幸吉/鈴木慶一


「ラストレター」私の大好きな岩井俊二監督作品です

私は『ラブレター』を観て岩井作品の虜になったので
本作「ラストレター」見逃してはいけない!と
私としては珍しく一週間に2回も映画館へ行きました
月曜日に『尾崎豊を探して』を観て
金曜日に「ラストレター」
2月中盤まで忙しくなるので見逃してしまうと大変!?
ということで強行したのですが
二作品とも劇場で観て大正解&大満足(^^)

「ラストレター」は私が思っていたよりも
ノスタルジー溢れる切ない物語でした
特に高校生時代の回想シーンでは
自分自身の学生時代を思い出した!?

絶妙なキャスティングでしたね(^^)
神木隆之介さんが福山雅治さんに(納得)
森七菜さんが松たか子さんに(納得)

未咲と鮎美の二役を演じた広瀬すずさん
颯香と高校生の裕里を演じた森七菜さん
ふたりとも素晴らしい演技で
特に広瀬さん演じた鮎美の健気な演技が切なくて(T_T)

松さん演じた裕里は少しコミカルな雰囲気で
切ない物語の中に温もりを感じさせてくれる役柄でした

神木さんと福山さんの演じた乙坂鏡史郎
繊細でナイーブな雰囲気を感じさせる役柄でしたが
乙坂がもっと強引な!?性格だったら
未咲の人生も変わったのかな?

乙坂鏡史郎さんの小説『未咲』を読みたいです!
岩井俊二監督、出版の予定はないですか!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_02_01




「ふきげんな過去」


前田司郎が自身のオリジナル脚本を
小泉今日子さん、二階堂ふみさんのW主演で映画化


ふきげんな過去


東京・北品川の小さな食堂“蓮月庵”で暮らす果子は
毎日が死ぬほど退屈だと思うもののそこから抜け出し、
他の場所へも行けない無為な夏を過ごしていた。
そこへ18年前に亡くなったはずの伯母・未来子が戻ってくる。
彼女は果子が赤ん坊のころに爆弾事件を起こして
指名手配を受け、警察に追われる身になっていた。
果子はとりあえず死んだままでいいという未来子と
しばらく暮らすことになるが、奔放過ぎる彼女を受け入れられず…。


制作年/2016
内容時間/120分

監督/前田司郎
脚本/前田司郎
撮影/佐々木靖之
音楽/岡田徹

(CAST)
未来子/小泉今日子
果子/二階堂ふみ
康則/高良健吾
カナ/山田望叶
サトエ/兵藤公美
サチ/梅沢昌代
タイチ/板尾創路


小泉今日子さんと二階堂ふみさんが共演していたので
かなり期待して観た映画です・・・が
私が思っていた内容とは少し違っていました^^;

なんだか最後までつかみ所のない映画で・・・
でも面白くなかったの?と聞かれれば
決してつまらないだけの映画ではなかったよ
そう答えるかな!?
不思議な魅力のある映画でした(^^)
ところで「ワニ」って本当にいたんだね!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_01_29




「尾崎豊を探して」


若くして亡くなった稀代のシンガー・ソングライター、
尾崎豊のデビューから20代前半までの
ライブ映像で構成された音楽ドキュメンタリー。


尾崎豊を探して


「卒業」「I LOVE YOU」など数多くの名曲を生み出し、
26歳の若さでこの世を去ったシンガー・ソングライター、尾崎豊。
東京・新宿で行った初ライブをはじめ、大阪球場(大阪スタヂアム)、
国立代々木競技場でのライブパフォーマンス、
さらにはプライベートの様子など、貴重な映像を通じて尾崎豊をひもとく。


制作年/2019年
内容時間/95分

監督/佐藤輝
プロデュース/須藤晃 御領博 福田信
撮影/佐藤輝
編集/佐藤輝
タイトル&キャッチコピー/日暮真三
ポスターデザイン/十河岳男

出演/尾崎豊


冒頭のJKインタビューを見て(プチギレに!?)
何これ???
尾崎豊を探してってそこから入るの?
JKの甲高い笑い声は不快でしかなく・・・
2,500円も出したのに・・・冒頭シーンで後悔モードに^^;
やっと尾崎が登場したと思ったら
歌やインタビューをパッチワークのように繋いで
その上グラフィックまで挿入され辟易していると
睡魔が波のように押し寄せてきて不覚にも寝てしまった
劇場で映画を観ながら寝たのは初めてです
それも大好きな尾崎の映画で・・・(>_<)
その日は友人と一緒に観に来ていたのが幸いして
友人に声をかけられ無事覚醒しました!
(たぶん寝ていたのは5分ほど!?)
その後は貴重な未公開映像やLIVEシーンだったので
眠気は襲ってこなかったですよ(笑)

これから本映画を観に行く予定の方は
前半は我慢を強いられますが!?中盤からは見応えありです!
特に初公開の泣きながら卒業を歌うシーンにグッときました
でも本映画での一番は尾崎豊の歌声を良質の大音量で聴けたこと
できればライブ映像をそのままノーカットで観たかったです
1991年の代々木LIVEを是非劇場で上映して欲しい!

今更ながら尾崎豊の声の素晴らしさにハートを鷲掴み!
楽曲の良さはもちろんですが私はやはり尾崎の声に惚れたのねと
普通に何気なく話している声もとても心に響くいい声で
それでバラードの名曲『I LOVE YOU』を歌うんですからイチコロです♡
エンドロールで流れた『Forget-me-not』私が一番好きな曲
映画の中では歌われなかったのであきらめていたら
最後に流れてきたので本当に嬉しかった~(感涙)

いろいろとグチグチ言いましたがトータルでは観て良かったです♡
家に帰ってから久々に1991年の横アリLIVEを観ました♪



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_01_28




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.