萩尾望都さんの「マージナル」


萩尾さんの「マージナル」
言葉に表せないほど面白いストーリー展開で
そして衝撃的な作品でした。
凄すぎる世界観に圧倒され
読み終えた後、暫し茫然としたほど。


マージナル1

内容

砂漠の中に立つ都市、モノドールへ向かって男達は進む。

聖堂に住む唯一のマザ、この世界のただ一人の“母”から、
彼らの子供をもらうために。

しかしマザは年老い、もう長い間子供は生まれていない。

そして突然のマザの死。

月が欠け、満ちるまでに、新しいマザをたてねばならぬ。

若く、美しい、新たなる“聖母(ホウリ・マザ)”を――。

赤子のいない、女のいない、男だけのこの世界で、
命は再びはぐくまれ、営みは続いていくのだろうか…。


プロローグ ホウリ・マザ
第1話 迷い子
第2話 アシジンの岩屋
第3話 二九九九―現在




マージナル2

内容

都市(シティ)の三区には、図書の家がある。

そこには美しい夜鳴鳥(ナイチンゲール)が、
閉じこめられている。

少年は図書を訪ねて、
多くの古書にウーマンが描かれているのを見る。

昔、多くいたというウーマンは、どこへ消えてしまったのか、
そして、図書からは夜鳴鳥もまた、どこかへつれ去られ、
消えてしまった――


第4話 漆黒の森
第5話 図書の家の夜鳴鳥
第6話 花石榴の村
第7話 双頭
第8話 レクイエム




マージナル3

内容

砂漠の夜には、影のない死霊がひっそりとよりそってくる。

地球にやってきた男は、魂の苦痛からときはなたれた
夢の子供をつくりだそうとしていた。

都市(シティ)の科学者等が果たせなかった
受胎と出産をうみだそうとしたのである。

―そして―つくりだされた子供は、
何による夢の具現であったのか――


第9話 イワンの研究について
第10話 死霊
第11話 受胎告知
第12話 夢の子供 
第13話 ヘビじじいとヘビ男




マージナル4

内容

アシジンは、長官と市長を殺さねばならない。

長官は、アシジンと恋に落ちてはならない。

ミカルは、不安なままマザと結婚せねばならぬ。

洗脳をうけたマザは、記憶のかなたに恋人の影を見ている。

キラは自分のものでない夢に迷い、
人びとの願いは交錯する。


第14話 星と炎
第15話 狩人
第16話 えもの
第17話 アシジンとマルグレーヴ
第18話 最後の晩餐




マージナル5

内容

マルグレーヴは愛を見失っていたが、病んだ地球を愛していた。

マザも人びとも都市も自分も不毛の大地にのみこまれ、
消えはててしまうことを夢みていた。

多分うまくいくはずだった。

キラが、再生の夢さえ見なければ――


第19話 ハレルヤ
第20話 暗示
第21話 洪水
第22話 境界の果て
エピローグ ホウリ・ナイト




舞台化されました

マージナル 舞台

概要(「Studio Life」より)

萩尾作品としては初のSF作『マージナル』を初舞台化! 

1985年から2年間に渡り小学館少女マンガ誌
「プチフラワー」で発表された当時、
その衝撃的な内容と天才的な物語展開で
漫画界のみならず広く世間に旋風を巻き起こした。

文明の消滅した砂漠と近未来のステーションを彷彿させる
センターが支配する都市という対極をなす
2つの世界が舞台となるこの作品。

異なる世界で巻き起こる2つの物語がやがて交わり合い、
絡み合い、怒涛の結末へ向けて息をもつかせぬ勢いで
展開します。

Studio Lifeは初の2部構成で
『マージナル』の広大な世界を描きます。
「砂漠編」「都市編」1つだけを見てももちろん楽しめますが、
2つ見て初めて立ち現われる『マージナル』世界の真の姿! 

どうぞ「砂漠編」「都市編」両方をご覧になり、
『マージナル』の奥深い面白さをご堪能ください!

(※2008年に上演されました)

(CAST)
グリンジャ:笠原浩夫/曽世海司
アシジン/エドモス:岩崎大/仲原裕之
キラ他:荒木健太朗/松本慎也
メイヤード:青木隆敏
ミカル:三上俊
イワン/アド:石飛幸治
アーリン/センザイ・マスター:林勇輔
エメラダ/チト:舟見和利
ネズ他:奥田努
マーゴ/フロウ:前田倫良
6代目ガルポ他:篠田仁志
ナースタース/ジューシー:吉田隆太
フェロペ/ローニ:渡部紘士
スズキ・ゴー他:山崎康一
市長他:藤原啓児
花柘榴村村長/ガルダ:河内喜一朗




ラジオドラマ版『マージナル』

マージナル ラジオドラマ

NHK-FM、1988年10月31日放送。

(CAST)
キラ:越美晴
グリンジャ:石田純一
アシジン:岡本富士太
メイヤード:塩沢兼人
エメラダ:川村万梨阿
ナースタース:田島令子
センザイマスター:高木均
ゴー博士:斎藤晴彦
イワン:若山弦蔵
市長:田村錦人
アリーン:円城寺あや
ガリバー:田山涼成
ジューシー:亀山助清
ナレーター:此島愛子

音楽:細野晴臣



Studio Lifeの舞台「マージナル」は
残念ながら観ることは出来なかったのですが
ラジオドラマは聴くことが出来ました。

「マージナル」の世界を声だけで表現するのは
かなり難しいのでは?
確かに原作の深みを描き切ったとは言えませんが
私は最後まで面白く聴けました。




テーマ : 少女漫画    ジャンル : アニメ・コミック
 2014_09_13




萩尾望都さんの「音楽の在りて」


回紹介する萩尾作品は、小説です。(漫画ではない!)


帯紙に
『著者が20代のときに執筆
 「奇想天外」に掲載されるや否や
 話題を呼んだSF小説を待望の書籍化。
 人生賛歌ともいえる表題作に
 豊かなる想像力に満ち溢れた
 「ヘルマロッド殺し」。
 そして、作者にとって永遠のテーマである
 「神への挑戦」と「自我の芽生え」を描いた
 中編「美しの神の伝え」など
 その後の名作とも呼応する十二編を収録した
 萩尾望都の原点的作品集。』とありました。


ー目次ー
【Ⅰ】
ヘルマロッド殺し 初出「奇想天外」1978年4月号
子供の時間    初出「奇想天外」1978年2月号
おもちゃ箱    初出「奇想天外」1977年4月号
クレパス     初出「奇想天外」1979年1月号
プロメテにて   初出「奇想天外」1977年9月号

【Ⅱ】
音楽の在りて   初出「奇想天外」1977年4月号
闇夜に声がする  初出「奇想天外」1977年12月号
マンガ原人    初出「奇想天外」1977年8月号
CMをどうぞ   初出「奇想天外」1977年6月号
憑かれた男    初出「ソワレ」 1991年7月号
守人たち     初出「奇想天外」1977年10月号

【Ⅲ】
美しき神の伝え 初出「奇想天外」1979年3月号~1980年2月号

【special】
左利きのイザン 初出「SFファンタジア」1978年4月号


「守人たち」が一番笑えて面白かったです(^^)

「美しき神の伝え」の深さは一度読んだだけでは
理解するのは難しい…。
自我の目覚めと、神への挑戦。
最初は、シュタイナーの世界観に通じるものがあるのかな?
と思いながら読んでいましたが…ん?何か違う?
どちらかと言うと光瀬龍さんの「百億の昼と千億の夜」の
微かな香りが…するかも?
いずれにしても難解です^_^;


音楽の在りて

(「萩尾望都作品目録」より)

「ヘルマロッド殺し」
左ききのイザンはこの物語の後日談になるのですが
発表はほぼ同時でした。

「子供の時間」
宇宙船の中に取り残された子供、というモチーフは
「スターレッド」に登場します。
もっとも星(セイ)は両親にとばされて来るのですが。

「おもちゃ箱」
政府公認のエスパーは「スターレッド」に登場します。
エシュやフィドラー(子供の時間)の風貌はなんとなく似ているような気がします。
痩せていて、孤独そうな感じがします。

「クレバス」
こちらでも子供が主人公です。
時間が元に戻るのは「金曜の夜の集会」へ発展していったように思えます。
親しい人が突然違う人に入れ替わってしまうエピソードは
ブラッドベリの「ぼくの地下室へおいで」にありました。

「プロメテにて」
ここに登場する宇宙人はまさに「銀の三角」の
ブール博士のようです。
砂漠の中で一人古代遺跡の発掘を続ける博士の姿が重なります。

「音楽の在りて」
古代の遺跡に音楽がある、というモチーフは
「銀の三角」に登場します。

「闇夜に声がする」
漫画家の産みの苦しみや、編集と漫画家の関係などが
じっくり描かれています。

「マンガ原人」
実際に先生が少女時代に感じたマンガへの情熱と無理解が
そのまま反映されているような作品です。

「CMをどうぞ」
当たり前のように日々聞いているCMのおかしさを感じ取り
「CMってどうしてこうなのかしら?」
と思われたのかもしれません。
常套句って、無感覚になりますからね。
さすがに鋭いなと思います。

「憑かれた男」
この作品は本当に知っている人は少なかったのではないかと
思います。
「奇想天外」以外の大人向けの小説作品は
これと「クリシュナの季節」くらいしか残ってないので。
雑誌掲載時のイラストがそのまま採用されています。

「守人達」
奈良薬師寺の仏様がたくさん出てきます。
薬師寺には「百億の昼と千億の夜」に出てくる
毘沙門天立像などがあります。
取材で訪れて、構想を練られたのでしょうか。

「美しき神の伝え」

「左利きのイザン」
漫画作品です。「ヘルマロッド殺し」の後日談。


萩尾さんの漫画以外の作品は、他にもエッセイ集や童話、
イラスト集など持っているのですが
「音楽の在りて」を出版されたのは知らなくて…^_^;
偶然図書館で見つけ!早速借りて読みました。
萩尾節満載で面白かったです(^^)

「スターレッド」や「銀の三角」等、
関連している?作品を読んでいたので
最後まで、興味深く読めました。
でも、私はやはり漫画の方が好きですね(^_^)v





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_06




萩尾望都さんの「あぶない丘の家」


なんとも奇想天外な物語です。


3巻からなる「あぶない丘の家」シリーズなのですが
1巻ごとに内容がガラリと変わるので
次はどんなエピソードなのかな?と
想像するだけでも楽しみなシリーズでした(^^)

[登場人物]
平羅坂真比古(マヒコ)
 両親が事故死して以来、幽霊が出たりの
 へんな家で兄と暮らす。

平羅坂安曇(アズにいちゃん)
 猫を怖がったり、女に化けたり、何かとへんな兄。

不動律子(リーコ)
 マヒコの幼馴染で同級生。

不動静香
 リーコの姉。霊感が強い。

この4人がメインキャラクターなのですが
キャラ説明を見ただけで、あぶない香りが…
特にアズにいちゃん、妖しいです…。



あぶない丘の家1

内容紹介(「ASUKA COMICS」より)

突然の両親の事故死で
兄弟二人っきりになってしまったアズ兄ちゃんとマヒコ。

だが、この家には他にも誰かいる…!!?? 

魅惑のファニー・ファンキー・ファンタジー、ついに登場!!



(目次)
・あぶないアズにいちゃん
・あぶないシンデレラ



あぶない丘の家2

内容紹介

怨霊エヒメを吸収して、
タイムトリップができるようになった真比古。

源 義経に憧れ平安時代へトリップしたが…!?



(目次)
・あぶない壇ノ浦




あぶない丘の家3

内容紹介

奇妙な自転車で真比古とアズ兄弟の前に現れたジーン。

彼は、叔母・トロヤと共に
地球滅亡を防ぐため未来から来たというが……!!?



(目次)
・あぶない未来少年



第1巻は
幽霊が出たり?ポルターガイストが起こる?
あぶないマヒコの家の話。
『2001年宇宙の旅』に出てきたモノリス?が
マヒコの家の下に埋もれている!?

第2巻は
マヒコが、牛若丸と義経が同一人物だと知ったことで
源義経に興味を持ち…それをきっかけに
マヒコは、ふとしたことで平安時代にトリップしてしまう。
平安~鎌倉と現代を行ききすることに!?

第3巻は
未来からやってきた少年、ジーン・トニオが
木星に衝突するシューメイカーレヴィ彗星の他に
もうひとつ隕石が近付いており、その隕石が地球に堕ち
カタストロフィが起こると…地球滅亡を防ぐには!?


実際に起きた出来事を挿入することで
面白さが倍増した、SF・ファンタジー漫画です。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_22



萩尾望都さんの「11人いる!」



萩尾さんのスペースファンタジー「11人いる!」


まず読後の感想を一言、“凄い作品です!!”


何度読んだか分からなくなるくらい?
繰り返し読んだ作品なのですが
最近は読んでいなかったので
久々に再再…読しました(^^)


宇宙大学の最終試験を受ける10人
しかし、最終試験会場・白号には11人いた!

誰が11人目なのか疑心暗鬼の中
受験生達は
11人で53日間を乗り切ることを決意するのだが…

11人いるだけでも緊急事態なのに
突然の爆発音、軌道の変化、ウィルスによる病の発生etc…
次から次へと難問が受験生達に降り掛かる。


個性的な登場人物が、とても魅力的に描かれており
内容を含め、萩尾ワールドを十分に堪能できました♡

フロルがすごく可愛い~(*^_^*)


久々に読んでも、ハラハラドキドキして
エンディングの素晴らしさに感動しました。

もちろん内容は知っているのですが…
何度読んでもOK!な作品ってなかなかありませんよ。

萩尾作品は、繰り返しOK!な作品が、かなり多いです(^_-)-☆



11人いる!

内容(「小学館」より)

宇宙大学受験会場最終テストは
外部との接触を絶たれた宇宙船白号で
53日間生きのびること。

1チームは10人。

だが、宇宙船には11人いた! 

さまざまな星系から
それぞれの文化を背負ってやってきた受験生を
あいつぐトラブルが襲う。

疑心暗鬼のなかでの反目と友情。

11人は果たして合格できるのか!? 

萩尾望都のSF代表作。




STUDIO LIFEにより舞台化されました

11人いる 舞台

あらすじ

宇宙大学の入学試験の最終テスト―
外部との接触を断たれた宇宙船で、
10人1組が53日間の宇宙飛行を成し遂げるというものだった。

非常信号の発信ボタンを押して外部と接触を取れば、
生命は保障されるが、連帯責任で全員が不合格となる。

しかし、宇宙船・白号には10人のはずが、なぜか11人いた。

スタートから謎を抱え、
閉塞された宇宙船で次々起こる不可解な出来事。

それぞれに生まれる葛藤、疑惑、対立、反目、友情・・・
受験生たちの試される時が始まった―。




STUDIO LIFE版「11人いる!」は、
残念ながら私は観ていないので…^_^;

観た方のブログ等チェックして見ますと

『漫画の世界観をそのまま舞台で表現されていた。』
との意見が多かったです。

次の機会には、是非観たい作品です。



アニメ化もされています

11人いる アニメ

内容(「Oricon」データベースより)

宇宙大学の試験として、
10人一組で宇宙船に乗り込み53日間のサバイバルを課せられた
異星人たちの対立と調和を描いた、
萩尾望都原作による傑作SFアニメ。

声の出演には神谷明、河合美智子、田中秀幸ほか。




NHKでドラマ化もされました

11人いる!ドラマ

解説(「 NHK少年ドラマシリーズ」より)

宇宙船内部での密室劇を描いた、
萩尾望都原作の少女マンガのドラマ化。

宇宙大学のテストが始まった。

10人1チームでの試験のはずが、受験生は11人だった。

やがてデル赤はん病ウィルスが発生して………。



1977年にNHKで放送されたのですが
DVD化されていたんですね。知らなかった…^_^;


「 NHK少年ドラマシリーズ」
1972年から約10年に亘り放送された人気シリーズ。

1996年に「クラインの壺」の放送を機に
ジュニアドラマシリーズとして復活するかと思われましたが…
「クラインの壺」のみで継続しませんでした。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_21



萩尾望都さんの「ポーの一族」


久々に萩尾望都さんの作品を紹介したいと思います。


あまりに思い入れのある作品なので
言葉をどれだけ重ねても
「ポーの一族」への思いは伝えきれない。

「ポーの一族」シリーズの1作目
『すきとおった銀の髪』を小学生の頃に読み
ポーの魅力にハマってしまった。
そして『小鳥の巣』で完全に抜け出せなくなり
今日に至っています。

ポーシリーズ初回版のコミック全5巻は初版を購入
何度も読みすぎてボロボロに…^_^;

その後、単行本やSP版も購入し、同シリーズ3パターン所有
その上ラジオドラマ版CDも購入してしまうほど…

漫画なんですが、手塚治さんと同様に
萩尾望都さんの作品も、芸術的文学世界を彷彿させます。



ポーの一族 第1巻ポーの一族 1巻 

[目次]
ポーの一族
ポーの村
グレンスミスの日記
すきとおった銀の髪

内容紹介(ポーの一族)
1880年ごろ、とある海辺の街をポーツネル男爵一家が訪れた。
ロンドンから来たという彼らのことは
すぐに市内で評判になった。
男爵夫妻とその子供たち、
エドガーとメリーベル兄妹の4人は
田舎町には似つかわしくない気品をただよわせていたのだ。
彼らを見たものは
まるで一枚の完璧な絵を見るような感慨にとらわれた。
実は、その美しさは時の流れから外れた魔性の美。
彼らは人の生血を吸うバンパネラ「ポーの一族」であった。
市の外れに家を借りた一家は、
人間のふりをしながら一族に迎え入れるべき者を探し始めた。
そして、エドガーが興味をひかれたのが、
市で一番の貿易商の子息であるアラン・トワイライトだった…。




ポーの一族 第2巻ポーの一族 2巻

[目次]
メリーベルと銀のばら
ふしぎの国の人形たち
10月の少女たち


内容紹介(メリーベルと銀のばら)
霧の深い夜、幼いエドガーと乳飲み子のメリーベル兄妹は
森の中に置き去りにされた。
そんなふたりを見つけたのは
スコッティの村を望む高台の館に住む老ハンナ・ポーだった。
館に引き取られたふたりはハンナに育てられ、7年がすぎた。
ある日11歳のエドガーは村の子供たちと、
村人が死体の胸に木の杭を打ち込むのを目撃する。
村にはバンパネラの伝説があり、
迷信深い村人たちがバンパネラ退治を行っていたのだ。
おびえるエドガーにハンナはバンパネラなどいないとなだめる。
しばらくしてハンナの館を
フランク・ポーツネル男爵が訪ねてきた。
彼は恋人のシーラを妻として
一族に加えるためにやって来たのだった…。




ポーの一族 第3巻ポーの一族 3巻

[目次]
小鳥の巣
六月の声
妖精の子もり


内容紹介(小鳥の巣)
1959年、スイスのガブリエルスイスギムナジウム(高等中学)にふたりの転入生があった。
イギリスからやってきた彼らはエドガーとアラン。
川の中洲に建てられた学校の中で
寄宿生活を送る生徒たちにとって、
ふたりはその印象的な容姿を抜きにしても
興味をそそられる存在だった。
中でも正義感が強くおせっかいなキリアンは、
遠方からの転入生の面倒をみるのは当然の義務と考えていた。
しかし、正体が露見すれば
人々からバンパネラとして狩られることになるふたりにとって、
たとえ好意からとはいえ、彼は危険な存在であった。
それはふたりがここに来た目的を果たすためにも
妨げとなりかねず…。





ポーの一族 第4巻ポーの一族 4巻

[目次]
エヴァンズの遺書
ペニー・レイン
リデル・森の中
ランプトンは語る


内容紹介( エヴァンズの遺書)
1820年、エドガーは馬車の事故により瀕死の重傷を負う。
彼を救ったのはその地方の領主、
ヘンリー・エヴァンズ伯爵だった。
手当てを受け、命を取り留めたエドガー。
だが彼は、名前以外の記憶を全て失っていた。
エドガーに亡き妻の面影を重ねた伯爵は、
彼を館で養生させることにした。
伯爵にはエドガーに興味を持つもうひとつの理由があった。
先々代の伯爵オズワルドが、
「エドガー及びメリーベルと名のるものが
 エヴァンズ家の子孫の前に現れた場合は
 彼らの身分・国籍・年齢いっさいにかかわらず
 エヴァンズ家の資産すべてを付与すべし」
と遺言していたのだ。
そしてまもなく、エヴァンズ伯爵家をメリーベルが訪れた…。





ポーの一族 第5巻ポーの一族 5巻

[目次]
ピカデリー7時
はるかな国の花や小鳥
ホームズの帽子
一週間
エディス


内容紹介(ピカデリー7時)
ピカデリーサーカスのリージェント通りへ向かっていた
エドガーとアランは、そこで殺人事件に遭遇した。
訪ねて行った先のアパートで人が殺されていたのだ。
そしてアパートの主ポリスター卿は行方不明になっていた。
実はポリスター卿もまた、
人々からバンパネラとして忌み嫌われるポーの一族の者。
引き取って育てていたリリアを一族に迎え入れるために、
今は場所がわからなくなったポーの村の場所と、
一族の長老キングポーの行方を捜していたのだ。
ポーツネル男爵夫妻を失ったために
ポーの村に帰れなくなっていたエドガーは、
彼からポーの村の入口を見つけたとの連絡を受けて、
共に村へ帰るために訪ねてきたのだったが…。



高い文学性を持つ本作
ヴァンパネラの、壮大な歴史ロマンと言っても
過言ではない!?

もちろん実際にエドガーやアランが実在するわけではないので
歴史と言うと“なんと大袈裟な”と思われるかもしれませんが
「ポーの一族」ファンにとっては
正しく、“歴史ロマン!”なんです…^_^;



漫画だからと侮れない作品なので
興味のある方は、是非一度手に取って見て下さい。



スタジオライフさん、舞台化してくれませんかね!?
「トーマの心臓」をはじめ、「訪問者」「マージナル」
「メッシュ」「11人いる!」と萩尾作品を上演してきた実績で
是非とも「ポーの一族」も…と願っているのですが
エドガーを演じる役者さんが難しいかな…!?





テーマ : マンガ    ジャンル : アニメ・コミック
 2014_06_21




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.