有川浩さんの「ヒア・カムズ・ザ・サン」



『大切な記憶を辿って、
 いま、物語の奥へ。』

有川浩 meets 演劇集団キャラメルボックス
小説 ✕ 演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光!


 “真也は30歳、出版社で編集の仕事をしている。
 彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
 強い記憶は鮮やかに、何年経っても、鮮やかに、
 ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
 カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
 父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
 しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。”


わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説
大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく
有川浩が贈る、物語という希望。
              ~帯紙より~



ヒア・カムズ・ザ・サン BOOK

内容(「新潮社」より)

編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。

手に触れた物に残る記憶が見えてしまうのだ。

ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。

彼は米国で脚本家として名声を得ているはずだったが、
真也が見た真実は──。

確かな愛情を描く表題作と
演劇集団キャラメルボックスで上演された舞台に着想を得た
「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」を収録。

有川浩が贈る物語新境地。






演劇集団キャラメルボックス「ヒア・カムズ・ザ・サン」
 

ヒア・カムズ・ザ・サン 演劇

内容(Yahoo!より)

物に染み付いた記憶を読み取ることができる青年の目を通して語られる、
不器用な父親と娘の交流を描いた『ヒア・カムズ・ザ・サン』。

思い出と記憶にまつわる優しい物語。


※演劇集団キャラメルボックスのハーフタイムシアターで
  成井豊氏による同名の新作舞台
  「水平線の歩き方/ヒア・カムズ・ザ・サン」として上演された。



本書は、『ヒア・カムズ・ザ・サン』と
『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』2つの物語からなる。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』は有川浩さんの完全オリジナル。
一方『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は
舞台ヒア・カムズ・ザ・サンに着想をうけて執筆されたが
『舞台のノベライズ』とは異なり、人名や物語の大枠は共有しているが
話そのものは別物となっている。



2作品とも面白かったのですが、どちらかというと
『ヒア・カムズ・ザ・サン』の方がホロリとくる物語で
『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』では、ホロリとはしませんが
エンディングにホットしたかな!?

演劇版を観ていないので、3つ目の物語が
どういった内容なのか気になります。






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_24




有川浩さんの「レインツリーの国」


きっかけは「忘れられない本」
そこから始まったメールの交換。

あなたを想う。
心が揺れる。
でも、会うことはできません。
ごめんなさい。

青春恋愛小説に、新スタンダード!
        ~帯紙より~




レインツリーの国 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。

共通の趣味を持つ二人が接近するのに、
それほど時間はかからなかった。

まして、ネット内時間は流れが速い。

僕は、あっという間に、
どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。

だが、彼女はどうしても会えないと言う。

かたくなに会うのを拒む彼女には、
そう主張せざるを得ない、ある理由があった―。





「レインツリーの国」、とてもステキな物語でした。

『痛みにも悩みにも貴賤はない。
 周りにどれだけ陳腐に見えようと、
 それに苦しむ本人にはそれが世界で一番重大な悩みだ。
 救急車で病院に担ぎ込まれるような病人が近くにいても、
 自分が指を切ったことが一番痛くて辛い、それが人間だ。』
 ~本文より~


とても深い内容に思わず涙が…(T_T)
仕事の合間に読んでいたので
凄く慌ててしまい…^_^;

2章まで読んでいたのですが
『今読むのは無理だぁー!』と
3章から家に帰って読むことに…

続きを家で読んだのは正解でした!


ー目次ー
1.直接会うのが駄目やったら、
  せめて電話だけでもどうかな。

2.「……重量オーバーだったんですね」

3.傷つけた埋め合わせに
  自信持たせてやろうなんて
  本当に親切で優しくてありがとう。

4.「ごめんな、君が泣いてくれて気持ちええわ」

5.歓喜の国




映画「レインツリーの国」、11月21日公開決定!

映画初主演のKis-My-Ft2の玉森裕太さんと
映画初出演となる西内まりやさんが共演。
片岡愛之助さんが医師役として特別出演する。
~「ねとらぼ」より~


本書「レインツリーの国」は
『図書館戦争』シリーズ第二弾
『図書館内乱』中に出てきた架空の小説。
もともとは劇中劇だったものを著者が作品化。

以前紹介した『図書館内乱』は、メディアワークス
「レインツリーの国」は、新潮社
出版社の垣根を越えたコラボ実現!とのことなので
『図書館内乱』⇒「レインツリーの国」の順に読むと
さらに面白く感じるのでは?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_21




有川浩さんの「図書館危機」

本書は、『図書館戦争シリーズ』の第3弾です。


図書館戦争シリーズは、下記の順に出版されたのですが
 ①図書館戦争
 ②図書館内乱
 ③図書館危機
 ④図書館革命
 ⑤別冊 図書館戦争I
 ⑥別冊 図書館戦争II

私が本シリーズを読んだ順番がめちゃくちゃで…^_^;
 1.①図書館戦争
 2.⑥別冊図書館戦争Ⅱ
 3.④図書館革命
 4.③図書館危機
の順で読んだ上、
「②図書館内乱」と「⑤別冊図書館戦争Ⅰ」は未読なので
読みながら?の部分がかなりあって…

物語の中で、いかにも『あなた知っているでしょう?』の語りが
随所に出てくるので、
読みながら「その話知らないよ!」と
本の内容に突っ込みを入れたくなるほど…^_^;

こうならないためにも
これから本シリーズを読まれる方は
是非、出版順に読むことをお薦めします。

特に本書「図書館危機」では、「図書館内乱」での
エピソードにふれている部分が、かなりあるようなので!?
やはり、先に内乱の方を読むべきでした…^_^;
その方が面白さも倍増したと思います。

後先考えずに手当たり次第?読んでしまう癖を直さないとね
反省です。
図書館戦争シリーズ、とても面白いので
バラバラに読んでしまったのは勿体無い…(T_T)



図書館危機

内容(「BOOK」データベースより)

思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は
完全にぎこちない態度。

そんな中、ある人気俳優のインタビューが、
図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。

加えて、地方の美術展で最優秀作品となった
“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。

郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!?

表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、
ついでも恋も…!?

危機また危機のシリーズ第3弾。




郁と堂上教官の可愛らしいプチ・ラブストーリー?
もあるのですが
本書は、結構ハードな内容になっていました。
メディア良化隊との攻防も激しく
そのシーンの惨劇には言葉を無くすほど…。

凄惨なシーンはありましたが
登場人物のキャラクターに救われました。

有川さんの描く主要キャラは、強く愛らしいです。

映画「図書館戦争」を観て、本書を読んだので
私のイメージの中で
堂上教官が岡田准一さんになるんです♡
もちろん郁は、榮倉奈々さんですよ

映画を観ているように映像が浮かんでくるので
何となく得した気分になりました(^_-)-☆





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_27





有川浩さんの「図書館革命」


図書館戦争シリーズ4 「図書館革命」、シリーズの完結編。


完結編ということなので、
郁と堂上教官の恋の行く末も気になるところですが
本作、いきなり原発事故から始まります!!

でもそんな緊迫した状況でも、二人は青春真只中♡

読んでいる最中、“柴崎”になって突っ込みを入れたくなる(^^)


本シリーズを読むと、毎回思うのですが、
登場人物が生き生きと描かれているので
すんなり物語の世界へと惹き込まれていき
登場人物になりきってしまうほど…
郁になって照れくさかったりね(赤面)
柴崎のようにカッコよく…はなれないか^_^;



図書館革命 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

原発テロが発生した。

それを受け
著作の内容がテロに酷似しているとされた
人気作家・当麻蔵人に
身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。

当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。

郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。

しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。

動謡する郁。

そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった―
「お前はやれる」。

表現の自由、そして恋の結末は!?

感動の本編最終巻。




アニメ劇場版「図書館戦争~革命のつばさ」

図書館戦争 革命のつばさ アニメ


内容(「allcinema」より抜粋)
 
2019年:正化31年に制定された“メディア良化法”を根拠とした
武装組織“メディア良化隊”に対抗すべく、
図書館が創設した防衛組織“図書隊”。

高校時代に大切な本を目の前で守ってくれた図書隊員を
“王子様”と慕い、図書隊に入隊した笠原郁。

類い希な身体能力を買われ図書特殊部隊に抜擢された彼女は、
鬼教官・堂上の厳しい訓練を乗り越え、
現場で過酷な経験を積みながら図書隊員として日々成長する。

また、憧れの王子様がその堂上と分かり、
不器用ながらも距離を縮めていく郁。

そんな中、郁と堂上は、新たな任務として人気小説家・当麻蔵人の身辺警護に当たることに。

当麻は、日本を震撼させたテロの手口が彼の著書に似ていたとして良化隊による拘束、執筆権剥奪の危機に直面していた。良化隊の執拗な襲撃にも、身体を張って懸命に当麻を守り抜く郁と堂上だったが…。




アニメ劇場版は、「図書館革命」を主として描かれており
ラストの郁の活躍は必見です!!

カッコイイ郁を楽しんで下さい。
もちろん堂上教官や、他の隊員達もスゴクカッコイイですよ♡

以前紹介した、映画「図書館戦争」も
アニメ同様にカッコよく、面白かったので
図書館戦争シリーズを読んだけど、まだ見ていないという方には
2作品とも是非お薦めしたいです。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_11





有川浩さんの「空の中」


本書を読んだ最初の感想は、

『クジラの彼』よりも、本書を先に読めばよかった(>_<)

 『空の中』 『海の底』のサイドストーリになっている
『クジラの彼』には


 『空の中』
  ・「ファイターパイロットの君」の高巳と光稀
 『海の底』
  ・「クジラの彼」の冬原と聡子
  ・「有能な彼女」の夏木と望


関連している物語が、3作も収録されているので
本編2冊を読んでから『クジラの彼』を読んだ方が
断然面白度がUPしたと思う(>_<)

読む順番を間違えてしまった…。


空の中 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、
メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは
調査のために高空へ飛んだ。

高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?

一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。

大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、
人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―
すべての本読みが胸躍らせる、
未曾有のスペクタクルエンタテインメント。



あとがきに
『このお話は「天空の城ラピュタ」を観て思いつきました。
 …中略…しかし
 ラピュタを目指していたはずが
 途中で微妙に方向性が横滑りしました。』
とある。

有川さん、横滑りしてくれて正解でした(^_-)-☆

『怪獣物と青春物足しっぱなして空自で和えてる』
正しくですね!!

本書「空の中」は、SFぽい!?作品だったので、
まるで先が読めなくて
ハラハラドキドキしながら読みすすめました。

+高巳と光稀、瞬と佳江の、
純情恋愛物語も楽しめましたよ。

宮じいの人柄に救われる物語でもありました。

読後は、気分爽快!!
とても面白かったです。






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_01




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.