「ベニスに死す」


ルキノ・ヴィスコンティが、
作曲家グスタフ・マーラーをモデルに描かれた
トーマス・マンの同名小説を基に映画化

美少年への思いを募らせた老作曲家の苦悩を格調高く描いた文芸ドラマ。


ベニスに死す


水の都ヴェニスを保養で訪れたドイツの高名な老作曲家アッシェンバッハは、
母親とともにホテルに滞在するポーランド人の美少年タジオに出会い、
思わず心を奪われる。
それ以来、彼はタジオに恋焦がれながら、彼の後を付け回すようになる。
一方そのころ、ヴェニスの街にはコレラが猛威を振るい始めていて、
町中で消毒が行なわれるように。
アッシェンバッハにも死の気配が次第に忍び寄ってくるが…。



原題/Morte a Venezia(Death in Venice)
制作年/1971
制作国/イタリア/フランス
内容時間/131分


監督/ルキノ・ヴィスコンティ
製作/ルキノ・ヴィスコンティ
脚本/ルキノ・ヴィスコンティ
脚本/ニコラ・バダルッコ
撮影/パスカリーノ・デ・サンティス
音楽/グスタフ・マーラー

(CAST)
アッシェンバッハ/ダーク・ボガード
タジオの母親/シルヴァーナ・マンガーノ
タジオ/ビョルン・アンドレセン
アッシェンバッハ夫人/マリサ・ベレンソン
アルフレッド/マーク・バーンズ
ホテル支配人/ロモロ・ヴァリ
タジオの家庭教師/ノラ・リッチ


NHKで放送された『100分de名著』の
「ペスト」を扱った回の一挙再放送を観ながら
カミュの「ペスト」を読みたい!と思いましたが・・・手元に無く
外出自粛中なので本屋さんにも行けないし・・・
なら「ベニスに死す」でも観ようかなと思い立ち観ました

「ペスト」と同様にあまりにも今の世界情勢と似ているので
まるで別の映画を観ているのかと思うほど
(「ベニスに死す」を今までに何度も観ているのに)
今回ほど恐怖に覚えながら観たことはなかった
パンデミックは映画の中でのことだと
その当時は人ごとのように映画を観ていたのよね
どちらかというと美少年タジオの登場シーンに夢中になり
コレラが蔓延する危機感はあまり伝わっていなかったかも

今回は映画をめちゃくちゃダメ出ししながら観ました
荷物の送り先のミスでベニスに留まることに決めた主人公に
アッシェンバッハさん、何で帰らないの!と叫んでいました

タジオの生に満ちあふれた輝きと
老いてコレラに罹患したアッシェンバッハ
その対比をマーラーの音楽で優しく包み込むように描いている
最後のシーンのアッシェンバッハは幸福だった!?

“ヴィスコンティ映画は耽美的で美しい”


映画とはあまり関係ないのですが
タジオ役のビョルン・アンドレセンお元気でした!
以前読んだ本に若くして亡くなった・・・と書かれていたので
ずっと今までそれを信じていた^^;
65歳のダンディでステキなおじさまになっていました
『ミッドサマー』2019年公開の映画に出演しています



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_04_13




「アリー スター誕生」


ブラッドリー・クーパー初監督&レディー・ガガ初主演で
過去3度映画化されている『スター誕生』を現代にリメイクし
世界中で大ヒットした感動の音楽ドラマ

第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、主題歌賞を受賞


アリー スター誕生


ある晩、ツアーの合間に、とある場末のバーを訪れた人気歌手のジャクソンは、
そこでウエートレスとして働きながらプロの歌手になることを夢見るアリーと出会う。
彼女の歌声と才能に惚れ込んだジャクソンは、アリーを自らのコンサートへと招待。
大観衆が見つめる中、いきなり晴れのステージへと連れ出されたアリーは、
ジャクソンと一緒にみごとなデュエットを披露して満場の拍手喝采を浴び、
スターへの階段を駆け上がっていく。



原題/A Star Is Born
制作年/2018
制作国/アメリカ
内容時間/136分

監督/ブラッドリー・クーパー
製作/ビル・ガーバー
製作/ジョン・ピーターズ
製作/ブラッドリー・クーパーほか
原案/ウィリアム・A・ウェルマン
原案/ロバート・カーソン
原案/モス・ハートほか
脚本/エリック・ロス
脚本/ブラッドリー・クーパー
脚本/ウィル・フェッターズ
撮影/マシュー・リバティーク

(CAST)
アリー/レディー・ガガ
ジャクソン・メイン/ブラッドリー・クーパー
ボビー/サム・エリオット
ロレンツォ/アンドリュー・ダイス・クレイ
ジョージ・“ヌードルス”・ストーン/デイヴ・シャペル


ジャクソン役のブラッドリー・クーパーの初監督作品
B・クーパーは『運び屋』での警部役でも素晴らしい演技でしたが
本作ではアル中の人気歌手・ジャクソン・メイン役で登場
ジャクソンが偶然見いだした場末のバーの歌姫アリー
アリーの歌声を世に出したいと応援していたジャクソンだが
アリーがデビューし人気が上がるにつれ
アルコール依存が酷くなり自らをコントロールできなくなる
そんなみっともない堕ちぶれた役柄を見事に演じていました
ジャクソンの奏でる音楽も素晴らしかった(吹き替え?)

でも本作のメインはなんと言ってもレディー・ガガ
映画初出演とは思えないほどの自然体の演技に拍手です
もちろん歌声も最高なのでアリーの歌声を聴けただけでも
「アリー スター誕生」を観てよかったです(^^)

バーブラ・ストライサンド主演の1976年版『スター誕生』も
上映当時劇場に観に行きバーバラの歌声に圧倒されたのを覚えています
バーバラの『スター誕生』をもう一度見たい!
今見るとどうなのかな!?



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_03_16




「運び屋」


「The New York Times Magazine」に掲載された実話をベースにした
クリント・イーストウッド監督・主演のヒューマンドラマ


運び屋


90歳のアール・ストーンは、家族を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、
商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。
そのとき彼は、車で荷物を運ぶだけの仕事を持ち掛けられる。
それを引き受け、何の疑いも抱かずに積み荷を受け取って
運搬するアールだったが、荷物の中身は麻薬だった。



原題:/The Mule
制作年/2018年
制作国/アメリカ
内容時間/116分

監督/クリント・イーストウッド
脚本/ニック・シェンク
原案/サム・ドルニック
『The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule』
製作/クリント・イーストウッド ティム・ムーア、他
製作総指揮/アーロン・L・ギルバート
撮影/イブ・ベランジェ
編集/ジョエル・コックス
音楽/アルトゥロ・サンドバル

(CAST)
アール・ストーン/クリント・イーストウッド
コリン・ベイツ捜査官/ブラッドリー・クーパー
主任特別捜査官/ローレンス・フィッシュバーン
トレビノ捜査官/マイケル・ペーニャ
メアリー/ダイアン・ウィースト
ラトン/アンディ・ガルシア
フリオ/イグナシオ・セリッチオ
ジニー/タイッサ・ファーミガ
アイリス/アリソン・イーストウッド


クリント・イーストウッドが麻薬カルテルの運び屋である
90歳の老人アール・ストーンを演じているのですが
アールがマフィアに対しても自分流をつらぬく姿を見て
これまで自由奔放に生きてきたことで家族とも疎遠になり
家族を顧みずやってきた仕事も上手くいかずに破産寸前
それで人生に対してあきらめもあるのかな!?と思っていましたが
アールが初めは知らなかったとはいえ運び屋を続けたのは
家族との繋がりをもつため、家族に再び受け入れてもらう
そのために危険と知りながらも運び屋から手を引かなかった
いや手を引けなかった・・・そう感じました
ラストを見てその気持ちも少しは報われたかな!?

それにしても実話だったとは驚きです!

クリント・イーストウッド監督・主演映画「運び屋」
派手なアクションもあまりなく
淡々と物語は進んでいくのですが
見応えのある素晴らしい映画でした
アール役のクリント・イーストウッドがホント嵌まり役で凄い!
ベイツ捜査官役のブラッドリー・クーパーもよかったです
秀作です!



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_03_14




「家へ帰ろう」


第2次世界大戦中、自分を救ってくれた命の恩人に再会すべく、
88歳のユダヤ人の老人がアルゼンチンからポーランドまで
苦難の旅に出るさまを描いた感動のロードムービー。


家に帰ろう


第二の故国アルゼンチンで、
大勢の子どもたちや孫に囲まれながらも、
今一つ冴えない表情を浮かべる
88歳のユダヤ人の老仕立屋アブラハム。
老人ホームに明日入居する予定となっていた彼は、
しかし家族に黙って家出を決行。
実は彼は第2次世界大戦中、故国のポーランドで
ナチスによるユダヤ人狩りに遭ったものの、
奇跡的にホロコーストから生還。
その際、彼を救ってくれた命の恩人に再会すべく、
ポーランドへ向けて単身旅に出る。


原題/El ultimo traje
制作年/2017
制作国/スペイン/アルゼンチン
内容時間/93分

監督/パブロ・ソラルス
製作/ヘラルド・エレーロ
製作/アントニオ・サウラ
製作/マリエラ・ベスイェフシほか
脚本/パブロ・ソラルス
撮影/フアン・カルロス・ゴメス
音楽/フェデリコ・フシド

(CAST)
アブラハム/ミゲル・アンヘル・ソラ
マリア/アンヘラ・モリーナ
ゴーシャ/オルガ・ボラズ
クラウディア/ナタリア・ベルベケ
レオナルド/マルティン・ピロヤンスキー


映画の冒頭でのアブラハムと子ども達のやりとりで
子ども達にホームへ入れられることに不満を持った老人が
子どもへの抗議のため家出する話なのかなと
勝手に思い込んで観ていましたが
そんな単純な動機ではなかったです
アブラハムの旅の目的は正しく『家へ帰ろう』でしたね
映画を見終えた後にタイトルを見るとそれだけで泣けます(T_T)

旅の途中で様々な災難に見舞われ
無事ポーランドにたどり着けるの?と心配に・・・
でもその度にアブラハムを助けてくれる人があらわれ
心温まるラストへと導かれていく
とてもステキな映画でした。秀作です。


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_27




「女王陛下のお気に入り」


ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた
18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ

第91回(2018)アカデミー賞主演女優賞「オリヴィア・コールマン」


女王陛下のお気に入り


18世紀初頭。
アン女王が統治するイングランドは目下、フランスと交戦中。
病弱で気まぐれな女王を意のままに操り、
彼女に代わって王室の絶大な権力をほしいままにしていたのは、
女官長のサラだった。
そんなある日、没落貴族の娘のアビゲイルが
いとこのサラを頼って姿を見せ、宮廷で働くことに。
やがて侍女となり、アン女王の孤独な心をつかんだアビゲイルは、
女王陛下の新たなお気に入りとしてサラの地位を脅かすようになる。



原題/The Favourite
制作年/2018
制作国/アイルランド/イギリス/アメリカ
内容時間/120分

監督/ヨルゴス・ランティモス
製作/セシ・デンプシー
製作/エド・ギニー
製作/ヨルゴス・ランティモスほか
脚本/デボラ・デイヴィス
脚本/トニー・マクナマラ
撮影/ロビー・ライアン

(CAST)
アン女王/オリヴィア・コールマン
アビゲイル・ヒル/エマ・ストーン
レディ・サラ/レイチェル・ワイズ
ロバート・ハーリー/ニコラス・ホルト
サミュエル・マシャム/ジョー・アルウィン


映画を観た後のあとあじはあまりよくなかったです
でも映像が美しくそれだけでも観てよかったかな
そして3女優のドスのきいた演技にも拍手喝采!
アン王女役のオリヴィア・コールマンの万華鏡のような演技
アビゲイル役のエマ・ストーンとサラ役のレイチェル・ワイズ
女王の寵愛を奪い合う二人の火花が散るような攻防も凄かった!
3人の女優陣の迫力に飲まれた!?ハーリーとマシャム
2人は3人の女優陣にいいように振り回される道化師のようでした

ドロドロした権力争いの渦中で行われる欺し騙されの駆け引きは
まるで喜劇のように立場が入れ替わり
最終的にはアビゲイルの一人勝ちに!?
でも女王にウサギを虐待していることに気付かれ
ラストシーンはアビゲイルのその後をウサギになぞらえたようで
サラにしてみれば溜飲が下がるラストシーンになった!?
でもそのことをサラは知ることが出来ないので
結局3人とも何かを失う結末に・・・
あとあじのいい映画ではなかったのですが面白かったです(^^)



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_23




05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.