「団地」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「団地」


阪本順治監督が、『顔』以来16年ぶりに
藤山直美さんとタッグを組んだ
奇想天外な痛快群像喜劇!


団地


長らく夫婦で営んでいた漢方薬局の店を畳んで廃業し、
大阪近郊のとある古ぼけた団地に移り住んだ山下清治とヒナ子。
団地の自治会長の行徳や、何かと詮索好きの住民たちと
近所付き合いをするのが面倒で煩わしい清治は、
ある日、「僕は死んだことにしてくれ」とヒナ子に言って、
自室の床下にこもりっきりの隠遁生活を始めるが、
それが、きっと奥さんが旦那を殺したのに違いない、という
妙な噂話を団地中に広めることにもなって…。



制作年/2016
内容時間/104分

監督/阪本順治
脚本/阪本順治
撮影/大塚亮
音楽/安川午朗

(CAST)
山下ヒナ子/藤山直美
山下清治/岸部一徳
行徳君子/大楠道代
行徳正三/石橋蓮司
真城/斎藤工
吉住将太/宅間孝行


冒頭のヒナ子と真城のシーンを観ただけでも
この映画を観てよかった!と思えるほど
真城に度嵌まりしてしまいました♡
真城役の斎藤工さん、登場シーンは少ないけれど
藤山直美さんや岸部一徳さんの快演に負けないほどの!?
斎藤工さんの怪演(真城が登場する度)笑わせてもらいました(^o^)

ギャグを絡めたヒューマンストーリーなの?と思っていたら
奇想天外なとんでも映画でしたね(^^;)
でもこの手の悪ノリ?結構好きです

藤山直美さんが演じたヒナ子が凄かった
可笑しいのに憂いを感じさせる演技で
笑いの中に秘められた悲しみが
通奏低音のようにずっと響いて・・・流石です

ヒナ子の夫・清治役の岸部一徳さんも
素晴らしい演技でいい味出していました

この映画が面白かったのはキャスティングのお蔭ですね
ストーリー展開の奇抜さにも負けない存在感の役者陣に
拍手を送りたいと思います(パチパチパチ)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2018_10_02


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.