「淵に立つ」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「淵に立つ」


第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞ほか、
国内外で数々の映画賞に輝いた、
深田晃司監督が放つ衝撃の話題作。


淵に立つ


郊外で小さな工場を営みながら、妻の章江、10歳の娘・蛍と、
3人でささやかに暮らしていた鈴岡利雄。
ある日、彼の目の前に、服役を終えたばかりの
旧知の八坂草太郎が姿を見せ、
利雄は八坂を住み込みの工員として新たに雇い入れることを決意。
彼の不意の出現によって日常生活に変化が生じ、
章江や蛍は当初、戸惑うが、どこまでも礼儀正しい八坂の行動に、
次第に好意を抱くようになる。
ところがやがて、思いも寄らぬ事件が起き…。



制作年/2016
制作国/日本/フランス
内容時間/120分

監督/深田晃司
脚本/深田晃司
撮影/根岸憲一
音楽/小野川浩幸

(CAST)
八坂草太郎/浅野忠信
鈴岡章江/筒井真理子
鈴岡利雄/古舘寛治
山上孝司/太賀
鈴岡蛍/篠川桃音
設楽篤/三浦貴大

「ほとりの朔子」と同じ深田晃司監督作品です。
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞に輝いただけあり
映画を見終えた後、余韻を楽しめた映画でした。
でも見終えた後の後味が悪くて・・・
面白いけれど不快な気分にさせらる!?
不思議な映画でした(^^;)

キャスティングが凄くよかったです。
鈴岡夫妻役の古舘寛治さんと筒井真理子さん
夫・利雄には、ひょうひょうとしているけれど
何かしら危うさを感じさせられ
妻・章江は、事件前と後での豹変振りがお見事!
ギリギリのところで正気を保っている!?
正しく”淵に立つ”章江の演技が素晴らしかった。

他の出演者も存在感のある演技で
映画を盛り上げていましたが
特に、八坂役の浅野忠信さんが凄かった
一見礼儀正しく見える八坂ですが
あの得体の知れない不気味さは
浅野さんだからこそで、ホント嵌まり役でした!

深田晃司監督の描く映画を観ていると
じわじわと迫り来る不安に押しつぶされそうに・・・
その不安の行きつく先を知りたくて
最後まで目が離せなくなってしまう映画でした
深田晃司監督の術中に嵌まってしまった?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2018_09_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.