「夕影 風の市兵衛⑮」



辻堂魁さんの「夕影 風の市兵衛⑮」


届くのか、市兵衛の励ましが――。

貸元の父を殺され、利権抗争に巻き込まれた三姉妹が
命をかけてまで貫こうとしたものとは!



夕影


“算盤侍”唐木市兵衛は、
公儀十人目付筆頭片岡信正の依頼で、
下総葛飾を目指していた。
信正の配下返弥陀介は親友市兵衛の出立に際し、伝言を託す。
葛飾近くの貸元に匿われている女宛だった。
道中、市兵衛は貸元が人徳者だったが三月前に暗殺されたと知る。
跡目を継いだのは美人の三姉妹で、
市兵衛はその手下を偶然助けたことから、
縄張り争いに巻き込まれ…。



今回の物語は弥陀ノ介の恋話が発端に!?
市兵衛は相変わらずカッコいいので
美人姉妹に淡い恋心を抱かせるけれど
でも市兵衛は我関せずで・・・それとも鈍感なのか!?
弥陀ノ介が好きになった女性も
”えっ!この人が好きなの?”と前途多難の様子

市兵衛がヤクザの抗争に巻き込まれる話を軸に
その抗争の裏には侍の利権争いも加わり
兄・信正の依頼とも繋がっていく
市兵衛の行くところには争いがついて回る!?
でも血生臭い闘争だけではなく
今回はロマンスも!?あったので
いつもとは違う面白さでれサクサク読めました。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_09_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.