「神様のカルテ」ー頭で考えること、心で感じること




夏川草介の「神様のカルテ」です。


第10回小学館文庫小説賞受賞作
2010年本屋大賞第2位。



ハルのもつ優しい空気感と、
イチの、悩みながらも真摯に医療に向き合っている姿を
雑踏の中での静謐のように描いています。

本書では、医師不足、末期医療の問題等、
重たいテーマも扱っているのですが
ほんわかとした心温まる物語でした。

現役医師の方が書いた本の中で
【ほんわか大賞】を決めるとしたら!?
私の中では、だんとつ1位です


神様のカルテ BOOK

内容(「小学館」より)

栗原一止は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医である。

ここでは常に医師が不足している。

専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、
睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。

妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、
変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、
日々の診療をなんとかこなしている。
 
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。

大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。

最先端の医療を学ぶこともできる。

だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。

悩む一止の背中を押してくれたのは、
死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの
思いがけない贈り物だった。
 


映画化もされています。


神様のカルテ MOVIE


解説

夏川草介の同名ベストセラーを
嵐の櫻井翔さんと、宮崎あおいさんの共演で映画化したヒューマン・ドラマ。

監督は「60歳のラブレター」の深川栄洋さん。

美しい自然に囲まれた松本に暮らす栗原一止は、
本庄病院に勤めて5年目になる青年内科医。

慢性的な医師不足に悩むこの小さな病院で、
厳しい地方医療の現実と格闘しながら懸命に
激務をこなす日々。

そんな一止にとって、同じアパートに住む
個性豊かな仲間たち、
そして最愛の妻・榛名の存在が何よりの心の支えだった。

そんなある日、大学病院で手遅れと見放され、
なぜか一止を頼ってやって来た高齢の末期ガン患者
安曇さんが現われる。


青年医師・栗原一止を、櫻井翔さん

一止の妻・榛名を、宮崎あおいさん

胆のう癌患者・安曇雪乃を、加賀まりこさん、他


櫻井翔さんと宮崎あおいさん、
2人の自然体の関係、ほんわかとした距離感が
良かったです。

それにしても宮崎あおいさんのハルとても可愛かった

御嶽荘の桜の絵もステキでした。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_02_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.