「蜜蜂と遠雷」



恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」


俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、
そして音楽を描き切った青春群像小説。
~「帯紙」より~



蜂蜜と遠雷


3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
「ここを制した者は世界最高峰の
S国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり
近年、覇者である新たな才能の出現は
音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし
自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。
かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇し
CDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、
長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。
音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンで
コンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。
完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される
名門ジュリアード音楽院の
マサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる
競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き
優勝するのは誰なのか?



恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」は
直木賞と本屋大賞をダブル受賞した作品で
本屋大賞では同大賞史上初となる2度目の大賞受賞です。
※最初の受賞作は『夜のピクニック』
ちなみに当ブログで最初に紹介した本が『夜のピクニック』なんです♪
http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/blog-entry-1.html


「蜜蜂と遠雷」を読む前から
ついに『夜のピクニック』を超える作品登場!?と
期待度がどうしても高まってしまい…
でもこういうときって肩透かしにあう?という危険が!?
なのでヒートアップする心を押さえながら最初の頁を捲りました。


私、クラシック音楽が大好きでCDもかなり持っており
芳ヶ江国際ピアノコンクールでエントリーされている曲は
ほとんど聴いたことがある曲だったので
読む前からピアノの音が頭の中に響いている
その音を恩田さんはどう料理しているのか…


頁を捲りながら恩田陸さんの音の表現の多才さに
その表現の凄さに驚愕しました。
前年の本屋大賞作宮下奈都さんの『羊と鋼の森』も
音楽がテーマの物語で(ピアノ調律師の物語)
宮下さんのピアノの音色の描写にふれ
“ピアノが弾きたい!”衝動に駆られた記憶が
でも本書「蜂蜜と遠雷」では弾きたいではなく
コンテスタントの曲を聴きたい!!
思わず読みながらCDをかけようかな?と
でもCDを探すのが面倒で止めましたが…^_^;

メインの登場人物は4人いるのですが
それぞれの音楽の素晴らしさ美しさ感動を
言葉で表現して読者に伝える筆力は流石です
そして、コンテストのみに焦点をあてた物語が
これだけ読み応えのある作品になるとは驚きでした。
それでも私の中では『夜のピクニック』を超えることができず
いや面白さの種類が違うので比べられない!?

「蜂蜜と遠雷」を今度はCDをかけながら読んでみたいな!と思っています。

余談ですが、本書を読みながら何度も漫画『ピアノの森』が浮かび
一色まことさんの『ピアノの森』20巻までしか読んでいないので
「蜂蜜と遠雷」のお陰で続きが無性に読みたくなってしまった
全26巻なので続きを買いに行かなくては!


※「蜜蜂と遠雷」の世界を彩る音楽がアルバム化されます。
『蜜蜂と遠雷 音楽集』2017年5月26日リリース
詳細はコチラ⇒http://www.naxos.jp/news/nycc-27303-4




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_05_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.