「風塵の剣(三)」



稲葉稔さんの「風塵の剣(三)」


こやつが父と母の命を―。
許さぬッ!
根岸肥前守、東洲斎写楽、憎き仇打ち。
運命の出会いが、彦蔵を大きく揺さぶる!
~「帯紙」より~



風塵の剣3

根岸肥前守の発案で発足され、
町奉行所で解決できなかった事案を
改めて受け持つ「奉行組」。
彦蔵は、その一員となることで生計を立てながら、
絵の修業を続けていた。
江戸随一の版元・蔦屋重三郎の紹介で
歌川豊国に師事したものの、
なかなか満足のゆく絵が描けない。
そんな折に出会ったのが、東洲斎写楽だった―。
幼きころの仇も姿を現し、
彦蔵は運命の大きな流れに翻弄されてゆく。



絵を描くことで悩んでいた彦蔵は
写楽と出会ったことで思いを新たにし
そして、根岸肥前守の直轄”奉行組”として
極悪人を裏で成敗する働きを見せたりと大活躍!
その上、仇打ち、恋の話なども出てくるなど
絵を描く時間もないほど第三巻での彦蔵は大忙し


彦蔵のその後が気になるので
続きをすぐにでも読みたいのですが
第4巻~最終巻の7巻はまだ手元に無いので
先に本屋大賞受賞作『蜜蜂と遠雷』を読もうかな?
(出版と同時に購入したものの積本に…)
どうしても文庫本や図書館で借りた本を優先して読むので
購入した単行本ってなかなか読めないのよね…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_05_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.