「母と暮せば」

Category: 映画 > ・邦画  


山田洋二監督映画「母と暮せば」


小説家・劇作家の井上ひさしさんが、
広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として
実現を願いながらもかなわなかった物語を、
日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化。


母と暮せば MOVIE

1948年8月9日。
長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、
3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。
「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれられなかったんだよ」。
その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。
二人はたくさんの話をするが、
一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。
「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。
そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。
その幸せは永遠に続くようにみえた―。



製作年/2015年
上映時間/130分


監督/山田洋次
音楽/坂本龍一
脚本/山田洋次・平松恵美子
撮影/近森眞史
美術/出川三男


(CAST)
福原伸子/吉永小百合
福原浩二/二宮和也
佐多町子/黒木華
黒田/浅野忠信
上海のおじさん/加藤健一
富江/広岡由里子
民子/本田望結
復員局の職員/小林稔侍
川上教授/橋爪功


二宮和也さんと黒木華さんが良かったです。
ただ映画の余韻を楽しむことが出来なかったのが少々残念…
描き過ぎというのか…台詞も演出も過多のような?
それに母役の吉永小百合さんが
吉永小百合さんにしか見えず…^_^;
『父と暮せば』で感じた感動が
本作ではあまり感じられなかった
期待が大き過ぎたからなのかな?

坂本龍一さんの音楽は素晴らしかったです。


インクの瓶が一瞬にして溶けてしまう
原爆投下瞬間の描かれ方に絶句
原爆投下後の悲惨なシーンを一切描くことなく
その悲惨さを伝えていた
それだけで爆心地の長崎がどうなったのか
想像することができ…さすが山田監督ですね。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_03_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.