「無私の日本人」



磯田道史さんの「無私の日本人」


私たちの知らない
強く美しい日本人がいた

『武士の家計簿』から九年
歴史家・磯田道史が発見した素晴らしき人々

穀田屋十三郎
中根東里
太田垣連月
江戸時代を生きた三人の傑作評伝
~「帯紙」より~


無私の日本人

貧しい宿場町の行く末を
心底から憂う商人・穀田屋十三郎が同志と出会い、
心願成就のためには
自らの破産も一家離散も辞さない決意を固めた時、
奇跡への道は開かれた―
無名の、ふつうの江戸人に宿っていた深い哲学と、
中根東里、大田垣蓮月ら三人の生きざまを通して
「日本人の幸福」を発見した感動の傑作評伝。


映画「殿、利息でござる!」を観て面白かったので
是非読まなくては!と思い、図書館で借りて読みました。

※映画「殿、利息でござる!」の過去記事はコチラ
                    ↓
http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/blog-entry-812.html


映画では『穀田屋十三郎』の話のみが描かれており
『中根東里』と『太田垣連月』には触れていません。

中根東里は江戸時代の天才詩人
「詩文において中根にかなうものはおらぬ」と言われたが
これほどの天才が世に知られなかったのは、
みずからつくった文章を、こと ごとく竈の火の中に投じ
ほとんどの作品が残っていないから
東里は最後まで村儒者として生きた。

大田垣蓮月は、江戸後期の尼僧・歌人・陶芸家。
絶世の美女であった蓮月だが
十代で結婚し3人の子を授かるも
幼くして次々に亡くなり、夫も病死してしまう。
20代に再婚するが幸せだった日々も束の間
またもや夫と娘を亡くす。
出家した後、生計のために和歌と陶芸を学び直し
自作の歌を陶器に刻むという、
和歌と陶芸を融合した作品を作る。

江戸時代を無私無欲で生きた3人
正しく“無私の日本人”でした!


あとがきにも記されていましたが
磯田さんが本書を執筆するきっかけが興味深い

差出人・三橋正穎さんから届いた手紙
でも差出人に心あたりはなかった。
「自分は、東北は仙台のちかく『吉岡』というところに住んでいる者である。
先生の『武士の家計簿』を読み映画もみた。
実は、自分の住む吉岡には、こんな話が伝わっている。
~中略~
吉田勝吉という人がこの話を調べて『国恩記覚』という資料集にまとめている。
磯田先生に頼みたい。どうかこの話を本に書いて、後世につたえてくれないか」
『国恩記覚』を元に、本書「無私の日本人」を出版し、映画にまでなった。
三橋正穎さんと吉田勝吉さんの強い思いがなければ
歴史の中に埋もれたままになっていたかもしれない
そんな貴重な話を掘り起こし調べた上
作品にして届けてくれた磯田道史さんに感謝です。
素晴らしいお話でした。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_03_29


Comments

読みました 

こんには。

数年前ですが、僕も「無私の日本人」を読みました。
ただただ感動するのみでした。

この本は多くの人に読んでほしいと思います。そして日本人は素晴らしいんだと誇りをもってほしいです。
そして、今を生きる私達も「無私」でありたいと思います。が、実際はかなり難しい・・・(悲)
よんちゃん  URL   2017-03-30 14:26  

Re: 読みました 

よんちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございますm(__)m

私は映画を先に観たのですが
心が震えるほど感動しました。
そして本書を読みさらに感動して(^^)

よんちゃんさんのおっしゃる通り
多くの人に読んでほしい本ですよね。


SHION☆彡  URL   2017-04-02 04:34  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.