「残り全部バケーション」



伊坂幸太郎さんの「残り全部バケーション」

人生、まだ、続いていくから。
裏稼業コンビ
「溝口」と「岡田」をめぐる全五章。
~「帯紙」より~


残り全部バケーション

人生の<小さな奇跡>の物語
夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。
ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として
〈岡田〉と名乗る男とドライブすることに──
第一章「残り全部バケーション」他、五章構成の連作集。




第一章「残り全部バケーション」
浮気をした父親のRHSにメールがきた
『適番でメールしてみました。友達になろうよ。
ドライブとか食事とか』
胡散臭いメールに、父は、母に命じられるがままに、
『友達になりましょう。こちらは、四十七歳の男です。
妻四十五歳、娘十六歳も一緒ですが、
それでもいいですか?』と返信を打った。

第二章「タキオン作戦」
『ああ、おまえやられちゃってるな、これ』
すぐ後ろから声がした。
え、と雄大は慌てて、振り返る。
大人の男がしゃがみ、シャツをめくって
雄大の背中を見ていたのだ。
『溝口さん、小学生相手に何やっているんですか。
服めくって。それ、まずいですよ』
『岡田、あのな、俺分かるんだよ。自分が子供の頃
親父に暴力振るわれていたからな。』

第三章「検問」
開いたトランクの中を見下す。
『さっきの検問の警察官、これ見なかったわけねえよな』
溝口は顎を触るようにし、首を捻った。
『これはまあ、明らかに、怪しいお金ですよね』
大田も、その巨大なゴム鞠にも似た身体を揺すり、言う。

第四章「小さな兵隊」
岡田君は問題児だ。クラスの女の子が言った。
岡田君が時折、びっくりすることをやるのは確かだ。
たとえばクラスの女の子のランドセル全部に
マジックで小さくいたずら書きをしようとしたり
学校の壁に青いペンキで長方形の模様を描いたり。
海外出張中のお父さんに電話で岡田君のことを話すと
アリババと盗賊のドアにバツ印をつける話から
『岡田君がやりたかったのはそれと同じかもしれないぞ』
お父さんの推理はすごい

第五章「飛べても8分」
当たり屋に失敗して怪我をした溝口の病院に
高田は毎日見舞いに来ており
その高田に常務が電話で
『一昨日、毒島さんが狙われた』
『毒島さんは無事だったんですか』
『いなかったからな』『どこにいたんですか』
『少し前から、毒島さんは、おまえが今いる、
その病院に入院してるんだよ』


伏線を張り巡らし一気に回収する
その爽快さは伊坂ワールドならではですね。
特に第五章「飛べても8分」は
どんでん返しのどんでん返し?
読後の余韻が心地良い。
でも第四章「小さな兵隊」が一番面白い!
岡田君に惚れてしまいました(^^)
岡田君にまたどこかで会いたいですね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_03_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.