「サブマリン」



伊坂幸太郎さんの「サブマリン」


陣内さん、
僕たち、挽回できますか?

『チルドレン』から12年。
家裁調査官・陣内と武藤が出会う。
新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。
~「帯紙より」~


サブマリン

~「帯紙」本文より~
「武藤、別におまえが頑張ったところで、
事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。
そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。
俺たちの頑張りとは無関係に、
少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」
「でも」
うるせえなあ、と言いたげに陣内さんが顔をしかめた。
「だいたい陣内さん、頑張ってる時ってあるんですか?」
と僕は言ったが電車の走行音が激しくなったせいか、
聞こえていないようだった。




『チルドレン』から12年後の「サブマリン」でも
陣内や永瀬と優子のカップルに出会えました。
永瀬と優子が夫婦になっていてなんだか嬉しかったです(^^)
陣内の奇行や無神経さは相変わらずで
でもここぞと言う時の陣内の言葉や行動が奇蹟を起こす!?
「サブマリン」も心温まる物語でした。


『チルドレン』は5編からなる短編集でしたが
「サブマリン」は、交通事故を起こした少年や
脅迫文を送った少年の調査を担当している
武藤の視点で描かれている長編です。


上司の陣内に振り回されてばかりいる武藤は
脅迫文を送った小山田俊にまで振り回され
無免許で死亡事故を起こした棚丘佑真の
調査報告をどうするかでも悩んでいた
棚丘が事故を起こした現場で
武藤は盲導犬をつれた永瀬と出会う
永瀬も陣内に乗せられて事故現場を訪れていた
全ての事件に陣内が絡んでいる!
というか頭を突っ込んでいる!?


少年犯罪を扱った内容でしたが
陣内のキャラクターのお陰であまり重くならず
時には思わず笑ってしまったり、心にジーンとくる場面もありで
最後まで伊坂ワールドを楽しませてもらいました。
とても面白かったです。
『チルドレン』もう一度読もうかな?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_02_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.