「キサラギ」

Category: 映画 > ・邦画  


「キサラギ」


2007年に公開された映画
小栗旬さん主演のコミカルサスペンス。



キサラギ

解説(「シネマトゥデイ 」より)

自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男が、
彼女の死の真相について
壮絶な推理バトルを展開する密室会話劇。

『ALWAYS 三丁目の夕日』で
日本アカデミー賞を受賞した古沢良太の巧みな脚本を、
『シムソンズ』の佐藤祐市監督が、
コミカルかつスリリングに演出。
小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、
ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之という人気、
実力を兼ね備えた5人が繰り広げる
ハイテンションな会話劇から目が離せない。




あらすじ(「シネマトゥデイ 」より)

売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、
彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。
家元、オダ・ユージ、スネークら5人は、
思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、
「彼女は殺された」という言葉を引き金に、
事態は思わぬ展開を見せ始め……。



(CAST)
家元⇒小栗旬
オダ・ユージ⇒ユースケ・サンタマリア
スネーク⇒小出恵介
安男⇒塚地武雅
いちご娘⇒香川照之
如月ミキ⇒酒井香奈子
イベントの司会⇒宍戸錠

監督⇒佐藤祐市
脚本⇒吉沢良太
撮影⇒川村明弘
音楽⇒佐藤直紀



「キサラギ」のタイトを見て
アクション映画?と勝手に思い込んでいた私^_^;

「キサラギ」何の前情報もなく観たのが良かった?
予想と違いましたがかなり面白かったです(^^)


舞台のような映画でした。
『木曜組曲』や『12人の優しい日本人』を
思い浮かべながら観ましたが
いずれも密室劇なので役者陣の演技力命の映画
もちろん演出や脚本が良くないとダメですけどね
その点では3作品共素晴らしかったです。


「キサラギ」では
ドタバタ劇のコミカルさと
サスペンス要素を上手く絡めた
スピーディーなストーリー展開で
最後まで楽しませてもらえました。


ラストのあのシーンは…?
続編の為かな?と思いましたが
それとも「錠」繋がりのダジャレ落ち?

「キサラギ2」は今だに作られていないので
ダジャレ落ちということで…^_^;




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2016_12_18


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.