「織江緋之介見参シリーズ」



上田秀人さんの「織江緋之介見参シリーズ①~③」




悲恋の太刀(①)


若侍・織江緋之介
愛する者のために悪を討つ!

美しき女たちが妍を競う吉原
しかし幕府を揺るがす陰謀が―

(「帯紙」より)


悲恋の太刀

内容(「BOOK」データベースより)

ふらりと御免色里に現れ、
おもむろに慶長大判を取りだしたかと思えば、
取り篭った男まで鮮やかに斬ってみせた若侍の緋之介。
主の総兵衛に気に入られ、
遊女屋に逗留することになったが、
次から次へと謎の刺客に襲われる。
一体、何者なのか。





「不忘の太刀(②)」


義と勇を持つ若侍
老中の謀略に挑む!

御免色里・吉原を舞台に
天下騒擾の危機が迫る

「帯紙」より

「不忘の太刀」

内容(「BOOK」データベースより)

譜代大名の堀田正信が水戸藩屋敷に現れた。
幕政批判の上申書を提出、
無断で出家した正信は徳川光圀へ別れを告げに来たという。
幕閣に不穏な動きを感じた光圀は政情安定を願い、
将軍家剣術指南役小野次郎右衛門の息子緋之介を捜せと命じるが。





「孤影の太刀(③)」


哀しき女のために緋之介見参

若き侍・織江緋之介が
幕府を揺るがす巨悪を断ち斬る!

~「帯紙」より~

孤影の太刀

内容(「BOOK」データベースより)

神君家康の遺宝をめぐる争いで
若侍・織江緋之介に煮え湯を飲まされた老中松平信綱は
南町奉行神尾元勝に“浪人狩り”を命じる。
機に乗じて緋之介を投獄し意趣返しを遂げる狙いだ。
当の緋之介は危機を察しながらも
徳川光圀から託された探索に乗り出す。
三年前、光圀が懇意にする保科家の夕食家で起きた悲劇。
その裏で何があったのか―。
深まる謎、迫る刺客。
死闘の果てに待つ衝撃の真相とは。





「織江緋之介見参シリーズ」
本棚に積んでいた1~3巻を読みました。

物語の時代は、4代将軍家綱の世
主人公は将軍家剣術指南役小野次郎右衛門の息子
小野友悟こと織江緋之介
わけあって浪人となった緋之介は
ふらりと訪れた吉原に逗留することに

「織江緋之介見参シリーズ」では
1巻ごとに起きた問題を解決していくのですが
でもそれでも続きが読みたくなり
3巻まで一気読みしてしまいました^_^;

次から次に刺客に狙われてしまう主人公
上田さんのシリーズでは定番!?
本シリーズでは狙われる事情も
各巻ごとに変わっていくので
次に何が起きるのかとハラハラドキドキ
4巻~最終巻まで先が読めないので
今から続きを読むのが楽しみです。


ちなみに私が読んでいる上田さんのシリーズは
①「織江緋之介見参シリーズ」
②『三田村元八郎シリーズ』
③『御広敷用人大奥記録シリーズ』
④『百万石の留守居役シリーズ 』
⑤『表御番医師診療禄シリーズ』
の、5シリーズです。
①②のシリーズはすでに完結しているので
年内には読むつもりでいましたが
緋之介シリーズは続きを購入していないので
読み終えるのは来年ですね。
(元八郎シリーズは図書館で借りる予定です)

③④⑤は出版待ちなので
上田さ~ん、来年中には完結して下さ~い!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.