「冥途あり」



長野まゆみさんの「冥途あり」


東京の下町で生まれ
文字職人として生きた父
その人生で語られなかったこととは?

父の死から始まる
家族のルーツを辿る娘の旅/span>
~「帯紙」より~




冥途あり

内容(「BOOK」データベースより)

川辺の下町、東京・三河島。
そこに生まれた父の生涯は、
ゆるやかな川の流れのように
つつましくおだやかだった―。
そう信じていたが、
じつは思わぬ蛇行を繰り返していたのだった。

亡くなってから意外な横顔に触れた娘は、
あらためて父の生き方に思いを馳せるが…。

遠ざかる昭和の原風景とともに
描き出すある家族の物語。




とうとうこういう言葉の登場に
僕の読むことが間にあった。
―吉増剛造―

この作品で長野さんは
新しい境地を切り開き
自由な書きぶりの豊かさを見せてくれた。
本当に魅力的な作品。
―松浦寿輝―


第43回泉鏡花文学賞
第68回野間文芸賞受賞


読み始めて、いつもの長野作品と違う?
耽美的な少年愛
妖艶で摩訶不思議な物語
私にとっての長野作品は
どちらかというとこのイメージ


本作「冥途にて」は淡々とした語り口で
ありし日の父の面影を
娘の目線で語っている
娘が知らなかった父の過去
一九四五年ハ月六日の朝
疎開で父は広島にいた


全体としては軽い語り口で
長野さんの綴る粋な言葉が心地いい
でもその言葉の中に
所々に心に重くのしかかるような
心に突き刺さる描写が…
戦争の悲惨さを伝えるその言葉は
私が今までに読んだ原爆投下直後の描写の中でも
心に迫って来たように思う

言葉の持つ力に、その凄さに
あらためて気づかされた作品でした。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.