「キツツキと雨」ー心にほんわか温もりを

Category: 映画 > ・邦画  


沖田修一監督の「キツツキと雨」


第24回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞。

第8回ドバイ国際映画祭で最優秀脚本賞と最優秀編集賞
     主演の役所広司さんが最優秀男優賞を受賞。

山あいの村で暮らす森林伐採作業員(役所広司)と
気弱な新人映画監督(小栗旬)が出会い、年齢や環境、
価値観を超えて心を通わせていくハートフルコメディ。

主演の役所広司さん、小栗旬さんの掛け合いが絶妙でした。

二人とも大好きな役者さんですが、特に小栗旬さんは
ドラマ『Summer Snow』の頃からチェックしていて
(堂本剛さん演じる夏生の弟・純役を演じていた)
蜷川さん演出の舞台『間違いの喜劇』も観ましたが、
双子の兄弟役を、コミカルに一人二役で演じていました。
凄く良かったです。小栗旬さんも演技派俳優になりましたね。
(上から目線でスミマセン^_^;)

役所さんを初めて知ったのは、NHK大河ドラマ「徳川家康」での織田信長役でした。
役所さんの織田信長凄かったです!
その頃から目が離せない役者さんの一人です。

この二人が主演の上、沖田修一さんが監督と聞いたら
もう観るしかないですよね!
沖田監督の『南極料理人』も大好きな映画ですから。


キツツキと雨 MOVIE

解説(映画.comより)

「南極料理人」の沖田修一監督が、無骨な木こりと
気の弱い映画監督の出会いから生まれるドラマを
役所広司と小栗旬の初共演で描く。

とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。

ひょんなことから撮影を手伝うことになった
60歳の木こりの克彦と、その気弱さゆえに
スタッフをまとめられず狼狽する25歳の新人監督・幸一は、
互いに影響を与えあい、次第に変化をもたらしていく。
そして、そんな2人の交流が村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出していく。


『キツツキと雨』とても良い映画でした。

二人が出会ったことから、
幸一(小栗旬)は前に進んでいく勇気をもらい、
克彦(役所広司)は幸一との出会いで、
折り合いが悪くなっていた自分の実の息子との関係を
修復するキッカケをつかんでいく。
ちょっとした人生の変化が、とてもステキに綴られいる。

しかも、映画製作の裏側をリアルに描いているので
最後まで興味深く観ることができました。
映画撮影ってホント大変ですね。





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2014_02_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


02  « 2020_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.