「きみはいい子」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「きみはいい子」


高良健吾、尾野真千子、
池脇千鶴ら実力派俳優陣が共演し、
ある町を舞台にした3つの人間模様を真摯に描いた
群像ヒューマンドラマ。
監督は「そこのみにて光輝く」の呉美保。
~WOWOW~



きみがいい子 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

児童虐待をテーマに取り上げ、
坪田譲治文学賞などに輝いた中脇初枝の同名連作短編集から、
「サンタさんの来ない家」「べっぴんさん」
「こんにちは、さようなら」という3本を一つのストーリーにして脚色。

日本のどこにでもありそうな町が舞台の3つの人間模様を通じ、
今の日本におけるディスコミュニケーションについて問題提起。

出演陣では娘を虐待する母親役を繊細に演じた尾野の熱演が光る。
「そこのみにて光輝く」で高い演出力を認められた呉監督。
本作でもストイックなまでにじっくりと登場人物たちを見つめた。




内容(「WOWOW」より)

桜ヶ丘の町。
新人教師の岡野は桜ヶ丘小学校4年2組の担任。
真面目な性格だが優柔不断で、
児童たちが自分の言うことを聞かないことに悩む。

夫が海外に単身赴任中の主婦、雅美は、
3歳の娘あやねと2人暮らし。
自宅でしょっちゅうあやねに暴力を振るっている雅美には
ある悲しい過去が……。

一方、小学校の近くの家に暮らす独居老人のあきこは、
買い物に行ったスーパーで代金を払い忘れて以来、
認知症が始まったのかと不安になる。


(CAST)
岡野匡⇒高良健吾
水木雅美⇒尾野真千子
大宮陽子⇒池脇千鶴
大宮拓也⇒高橋和也
佐々木あきこ⇒喜多道枝
丸山美咲⇒黒川芽以
岡野薫⇒内田慈
水木あやね⇒三宅希空
櫻井和美⇒富田靖子
櫻井弘也⇒加部亜門



監督⇒呉美保
脚本⇒高田亮
撮影⇒月永雄太
音楽⇒田中拓人





中脇初枝さんの原作「きみはいい子」


きみはいい子 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

夕方五時までは家に帰らせてもらえないこども。
娘に手を上げてしまう母親。
求めていた、たったひとつのもの―。
それぞれの家にそれぞれの事情がある。
それでもみんなこの町で、
いろんなものを抱えて生きている。
心を揺さぶる感動作。





原作は未読です。でも、是非読んでみたい!
そう思わせてくれた映画でした。

映画は、WOWOWの『映画工房の映画特集』枠で
放送された際、HDDに録画して観ました。

虐待、学級崩壊、認知症
心が痛くなるようなテーマの映画でしたが
「きみはいい子」観ることができて良かったです。


傷つき不安な日々を過ごしている人々

虐待の負の連鎖を断ち切れない母親
認知症不安を感じている一人暮らしの老女
新人先生岡野が担任をしている
5時まで家に帰れない小学生

自らの意志ではどうすることも出来ず
不安な日々を悶々として過ごしている
そんなときひょんなことで優しく声をかけてもらえ
ギュッと抱きしめてもらえたことで
心に安らぎが芽生え
ほんの少しだけど希望が差し込んでくる

現実に同様の状況に置かれている方々にとっては
綺麗事に感じられたかもしれませんが
後半部分の希望に繋がるシーンが挿入されたことで
私は救われた気がしました


人は生きている限り多かれ少なかれ
何かしら不安を抱えて生きている
でも辛い日々の中にも
光が差す瞬間はきっとある
まわりの人のちょっとした優しさや
思いやりで救われることもあるのだと
そう語りかけているような映画でした。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.