「表御番医師診療禄」シリーズ7巻



上田秀人さんの「表御番医師診療禄」シリーズ7巻


「研鑽(7)」



研鑽7

内容(「BOOK」データベースより)

最新の医術を求め、江戸を発った
幕府寄合医師の矢切良衛は、
ついに目的地の長崎へ到着した。

薬種問屋の心遣いで、
初めての卓袱料理を堪能した良衛は、
翌日、長崎奉行の川口宗恒に
出島への出入りを願い出るのだった。

一方、大奥では、綱吉の世継ぎ問題から、
良衛の医術遊学の成果を待ち望む者たちが、
暗闘を繰り広げていた―。
出島で医術を学ぶ良衛をつけ狙う怪しい影。
果たして良衛は使命を果たせるのか。





「表御番医師診療禄」シリーズ7巻「研鑽」
読み終えたのはいいのですが
8巻『乱用』をまだ購入していないので
続きが気になる―!


上田さんのシリーズ本、面白いけれど
シリーズがなかなか完結しないので
同時進行で4つのシリーズを読むことに…

4シリーズともまだまだ終わりそうにない!?
著者の上田さんも大変でしょうけど
読んでいる方もある意味大変です。
時々ストーリーが混ざってしまい読み直すことも^_^;


「表御番医師診療禄」シリーズでも
主人公の良衛が長崎にいるので話が進みそうにない
良衛早く江戸に戻ってきて~!




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.