「 ブリッジ・オブ・スパイ」

Category: 映画 > ・洋画  


トム・ハンクス主演映画「ブリッジ・オブ・スパイ」

監督S・スピルバーグ、主演T・ハンクス、
共同脚本にコーエン兄弟と、
一流の実力派映画人たちが結集し、
東西冷戦のさなかに起きた
奇跡の歴史秘話を映画化した秀作ドラマ。
~WOWOW~


ブリッジ・オブ・スパイ

解説(「WOWOW」より)

東西冷戦のさなか、ソ連のスパイとして逮捕された男と、
世間の非難を浴びつつも、裁判の中立公正さを守るべく
勇気をもって彼の弁護を引き受けた民間のアメリカ人弁護士。

一触即発の極限状況下、世界の平和の橋渡しのため、
懸命に奔走する弁護士の主人公を、「プライベート・ライアン」などで
スピルバーグ監督と名コンビを組んできたハンクスがみごとに好演。

また、孤独なスパイ役にはイギリスの実力演技派
M・ライランスが抜擢されて会心の演技を披露し、
第88回アカデミー助演男優賞ほか、数々の演技賞に輝いた。





内容(「WOWOW」より

1957年、アベルという男がソ連のスパイとしてNYでFBIに逮捕される。
彼を裁判で弁護する国選弁護人として白羽の矢が立ったのはドノヴァン。

かつてニュルンベルク裁判で検察官を務めた経験を持つ彼は
「どんな人間にも等しく公平な裁判を受ける権利がある」という
固い信念の下、その大任を引き受け、
逆境の中、アベルのために懸命に力を尽くす。

それから5年後、2人の男の運命は
再び意外な形で交錯することとなり…。



(CAST)
ジェームズ・ドノヴァン⇒トム・ハンクス
ルドルフ・アベル⇒マーク・ライランス
メアリー・ドノヴァン⇒エイミー・ライアン
トーマス・ワッターズ⇒アラン・アルダ
ホフマン⇒スコット・シェパード



監督・製作⇒スティーヴン・スピルバーグ
製作⇒マーク・プラット/クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本⇒マット・チャーマン/コーエン兄弟
撮影⇒ヤヌス・カミンスキー
音楽⇒トーマス・ニューマン



WOWOWの『メガヒット劇場』枠で放送された際
HDDに録画して観ました。
『メガヒット劇場』では大ヒット最新作を放送!
映画館で観ることの出来なかった
最新作品を観ることができるので
私にとって『メガヒット劇場』はお宝番組です!


「ブリッジ・オブ・スパイ」では実際の事件
U-2撃墜事件でソ連の捕虜となった
フランシス・ゲイリー・パワーズと
FBIが逮捕したソ連のスパイ・ルドルフ・アベル
その二人をベルリンのグリーニッケ橋で
交換されるまでの駆け引きが描かれている。

さすがスピルバーグ監督ですね
臨場感あふれるスリリングな展開に
最後まで楽しませてもらいました。

ドノヴァン役のトム・ハンクスもホント嵌まり役で
ナイスキャスティングでしたね!

いい映画でした♪面白かったです(^_^)v




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2016_11_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.