「百万石の留守居役シリーズ 4~6」



上田秀人さんの「百万石の留守居役シリーズ 4~6」



「遺臣(4)」

遺臣

内容(「BOOK」データベースより)
大老酒井忠清から老中堀田正俊へ。
将軍死去による権力交代に、留守居役たちが動く。
だが堀田家には加賀を裏切った留守居役小沢がいる。
しがらみのない数馬が堀田家との矢面に立つことに。
江戸城下で加賀忍が伊賀者に手裏剣を奪われた。
加賀を陥れる策謀に、若き数馬はその任を果たせるか!?





「密約(5)」

妙手か悪手か。
老中堀田政俊と藩主前田綱紀。
敵同士、一度きりの秘密会議。
若すぎる留守居役・数馬が仕切る!

~「帯紙」より~

密約

内容(「BOOK」データベースより)
旗本復帰を誘う罠、外様小藩組の嫌がらせ…
若すぎる留守居役数馬の前に、難題は次々と降りかかる。
加賀潰しを公言する新権力者堀田正俊は、
琴の実家で加賀藩の筆頭家老本多家の事情に目をつける。
敵対する老中堀田と藩主綱紀、一度きりの秘密巨頭会談に、
数馬は意外な場所を提案するが!?





「使者(6)」

藩主の正室探し。
若き留守居役でなくても、これは難題。
血路の会津路を数馬は行く!

~「帯紙」より~

使者
内容(「BOOK」データベースより)
百万石の藩主綱紀の亡くなった正室は、
会津保科家から迎えていた。
格別な関係の保科家へ、
若き留守居役数馬が使者として遣わされた。
前田家の継室は幕府も各藩も狙っている。
老練な者でも難しい微妙な相談事、
その相手は親藩会津藩の国家老。
そして、難題に奔走する数馬に仇敵が襲いかかる!




「百万石の留守居役シリーズ」
主人公・数馬の魅力がいまひとつで…
『お髷番承り候』や『奥右筆秘帳』に比べると
登場人物が多いから仕方ないのかな?

『百万石の留守居役』では
将軍の代替わりを描いていることもあり
物語の舞台も、加賀、江戸、会津と変わり
なので登場人物がどうしても多くなる
そうすると数馬が目立たない?

主人公に魅力がないと
物語の世界になかなか入り込めず…
『百万石の留守居役』の物語は面白いので
それは勿体無いですよね^_^;
若き留守居役数馬、ガンバレ!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.