「何者」



朝井リヨウさんの「何者」


第148回(平成24年度上半期) 直木賞受賞



何者 BOOK

内容紹介

「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」
就活の情報交換をきっかけに集まった、
拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。

学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺…
自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。
この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。

影を宿しながら光に向いて進む、
就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、
書下ろし長編小説。





映画版「何者」


何者 映画

2016年10月15日(土)全国東宝系ロードショー


あらすじ(「シネマトゥデイ」より)
就職活動の情報交換のため集まった
大学生の拓人光太郎、瑞月、理香、隆良。
海外ボランティアの経験や
業界の人脈などさまざまな手段を用いて、
就活に臨んでいた。

自分が何者かを模索する彼らは
それぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、
いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになる。
そしてついに内定を決めた人物が出てくると、
抑えられていた嫉妬や本音が噴きだし……。


(CAST)
拓人⇒佐藤健
光太郎⇒菅田将暉
瑞月⇒有村架純
理香⇒二階堂ふみ
隆良⇒岡田将生
サワ先輩⇒山田孝之



監督・脚本⇒三浦大輔
原作⇒朝井リョウ
音楽⇒中田ヤスタカ




直木賞受賞作、映画化もされたということで
かなり期待して「何者」を読みましたが
世代の違いからか?あまり心に響かず…

就活中の学生が主人公なので
同世代の方が読んだ方が
物語の世界観をリアルに感じ興味深く読めるのかも?
でもその分痛みを感じる度合いも大きそうですが…


私自身はTwitterをやったことがないので
本文中でのTwitterの意味合いがあまり伝わらず
後半部分でやっと少し理解出来たかな^_^;

本書を読んで感じたこと…何か大変そう…ですね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.