「ミミズクと夜の王」



紅玉いづきさんの「ミミズクと夜の王」


本書「ミミズクと夜の王」は
著者のデビュー作です。

第13回電撃小説大賞「大賞」受賞



ミミズクと夜の王

内容(「BOOK」データベースより)

魔物のはびこる夜の森に、
一人の少女が訪れる。

額には「332」の焼き印、
両手両足には外されることのない鎖、
自らをミミズクと名乗る少女は、
美しき魔物の王にその身を差し出す。

願いはたった、一つだけ。
「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」
死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。

全ての始まりは、美しい月夜だった。
―それは、絶望の果てからはじまる
小さな少女の崩壊と再生の物語。





銀色の月の光のような
透明感のある静謐な物語

読み始めは、
童話のような軽めのファンタジー?
と思ったのですが
読み進めていくうちに
心の奥深く真理が沁み込んでくるような
深遠なる物語へと変化していきました。


純粋なミミズクと不器用なフクロウ
奴隷として生まれたミミズクが
夜の王フクロウに出会ったことで
幸せとは何かを知り…


心に優しさを届けてくれたステキな物語
続編の『毒吐姫と星の石』も出版されているので
ミミズクとフクロウのその後を知ることが出来る?
『毒吐姫と星の石』を読むのが楽しみです。


今までに読んだ紅玉いづきさんの作品は
『サエズリ図書館のワルツさん』のみですが
本書はまるで違う作風だったので
他の紅玉作品はどういう作風なのか?
是非読んでみたいですね(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.