「百万石の留守居役シリーズ 1~3」



上田秀人さんの「百万石の留守居役シリーズ 1~3」



「波乱(1)」

加賀藩主前田綱紀を次期将軍の候補に!?
大老の狙いは、外様潰しか・百万石の横取りか・?
藩の危機に、若き藩士瀬野数馬が駈ける。

~「帯紙」より~

波乱

内容(「BOOK」データベースより)

加賀百万石。
江戸城の実権を握る大老酒井忠清は、
なんと外様大名の加賀藩主前田綱紀を、
次期将軍に擁立しようとする。
外様潰しの策略か、親藩入りの好機か。
藩論は真っ二つ。
襲撃された重臣前田直作を助けた若き藩士瀬能数馬の運命も、
大きく動き出そうとしていた。





「思惑(2)」

五万石の姫君・琴を国元の金沢に残し
御為派の刺客に狙われる重臣前田直作と
江戸に急行する数馬。待ち受けていたのは!?

~「帯紙」より~

思惑

内容(「BOOK」データベースより)

徳川に藩主を渡せるかといきり立つ御為派。
藩主綱紀は国元で孤立する前田直作を江戸に呼んだ。
数馬がその護衛役に選ばれた。
「堂々たる隠密」と加賀であだ名される
五万石の筆頭家老本多政長は、
出戻りの娘・琴を数馬と娶せる。
その琴を金沢に残し中山道を急ぐ数馬。
無事、峠越えを果たせるか!?





「新参(3)」


新参

内容(「BOOK」データベースより)

五万石の姫・琴と婚約し、異例の若さで
加賀藩江戸留守居役に抜擢された数馬への風当たりは強い。
先任の小沢は藩の秘事を土産に、
なんと幕閣筆頭を狙う老中堀田家に抱えられていた。
留守居役には遊興も宴席も戦場だ。
なれぬ吉原で、言葉の刃で弱みを突いてくる相手に、
数馬は、反撃なるか!?





上田さんの長編シリーズ「百万石の留守居役」
約1年近く本棚で積本になっていたのですが
『表御番医師診療禄』を読んだ勢いで!?
やっと読み始めました。

「百万石の留守居役」1~3巻を一気読み!!
上田さんのシリーズ本、読み始めると止まらないです!


「百万石の留守居役」では将軍家綱から綱吉への
代替わりの時期を描いているので
綱吉の時代を描いた『表御番医師診療禄』と
登場人物が重なっている。
でも前田藩士が主人公の本シリーズと
『表御番医師診療禄』シリーズでは
視点が違うので新鮮で面白いです。

続きをすぐにでも読みたいところですが
図書館で借りた3冊の本があるので
先にこちらを読まなくては…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_09


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.