「orange-オレンジー」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「orange-オレンジー」


高校2年生のヒロインのもとに、
10年後の自分から手紙が届く。

彼女はこれから起きる悲劇を阻止できるのか。
土屋太鳳がヒロインを好演した青春ラブストーリーのヒット作。
~WOWOW~


orange オレンジ MOVIE


解説(「WOWOW」より)

高野苺の人気コミックを、
「鈴木先生」など良作ドラマを何本も手掛け、
自身も原作の大ファンという橋本光二郎監督が実写映画化。

NHK連続テレビ小説「まれ」に続いての共演となった
土屋と山崎の名コンビぶりと、竜星涼、山崎紘菜ほか、
2人を囲む共演陣の息の合った演技、そんな彼らが
高校時代と10年後の両方を演じ分けたのも大きな見どころだ。

登場人物たちの友情が鮮やかに結実する
体育祭でのリレーのシーンに感動させられ、
コブクロが歌った主題歌「未来」も
爽やかな余韻にひと役買っている。





内容(「WOWOW」より)

長野県松本市。
高校2年生になった菜穂のもとに10年後の自分から手紙が届く。

そこに書かれていたのは、
転校生としてクラスにやって来る翔を好きになること、
その翔が1年後には亡くなっていること、
そしてその未来を変えるためにやるべきこと。

最初はイタズラかと思った菜穂だったが、
手紙の通りの出来事が起こっていくことから
その内容を信じるようになり、
菜穂は10年後に自分が後悔しないように
運命を変えようと挑むが……。




(CAST)
高宮菜穂⇒土屋太鳳
成瀬翔⇒山崎賢人
須和弘人⇒竜星涼
茅野貴子⇒山崎紘菜
萩田朔⇒桜田通
村坂あずさ⇒清水くるみ
中野幸路⇒鶴見辰吾



監督・脚本⇒橋本光二郎
脚本⇒松居凛子
撮影⇒鍋島淳裕
音楽⇒大友良英

主題歌⇒コブクロ「未来」



高野苺さんの原作コミック「orange」

原作オレンジ

アニメ版が2016年7月より9月まで
BS11、朝日放送他にて放送されました。



原作コミックは未読です。TVアニメも観ていません。


WOWOWのメガヒット劇場にて放送
NHK「まれ」の朝ドラコンビが主役ということなので
HDDに予約録画して観ました。

「orange-オレンジー」のストーリーは
『まれ』とまるで違うのですが
二人がまれとけいたにしか見えなくて
なのであまり映画の世界へ入っていけず…


映画を観ながら
10年後の自分から届いた手紙?
どうやったら届くの?なんて野暮なことを考え
でも須和がパラレルワールドだって言ったよね
なんて妙に納得したりで…
ストーリー意外のことに気を取られてしまった私^_^;


純粋に物語のみの感想で言えば
恋愛・友情・再生がバランスよく描かれ
少女マンガの王道!で面白かったです。
映像もキレイでした。

エンディングロールで流れた主題歌
コブクロの「未来」も映画の世界観にピッタリで
思わず泣きそうに…(T_T)
いい曲ですね♪




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_10_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.