「希望荘」



宮部みゆきさんの「希望荘」


その部屋には、絶望が住んでいた―。

一人ぼっちになった杉村に
「明日」はやって来るのか?

~「帯紙」より~


希望荘

内容(「BOOK」データベースより)

家族と仕事を失った杉村三郎は、
東京都北区に私立探偵事務所を開業する。

ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した
「昔、人を殺した」という告白の真偽を
調査してほしいという依頼が舞い込む。

依頼人の相沢幸司によれば、
父は母の不倫による離婚後、
息子と再会するまで30年の空白があった。

果たして、武藤は人殺しだったのか。
35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、
昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?




本書は、「杉村三郎シリーズ」の第4弾です。

前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚
仕事も失ってしまった杉村のその後が描かれている。

実家とも疎遠の杉村のその後が心配だった私としては
私立探偵として再出発した杉村にひと安心(^^)



表題作「希望荘」の他に、
「聖域」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編を収録。


・「聖域」
今多コンツェルンを辞め
探偵事務所を開いた杉村の元に来た
依頼人第一号の相談は
『亡くなったはずのおばあさんを見かけたので
本当にそのおばあさんなのかどうか知りたい』

・「希望荘」
『亡き父の話した過去の出来事を調べて下さい。』
依頼人の息子はずっと断絶状態だった父親と
30年振りに再会し一緒に暮らすようになったが…

・「砂男」
離婚後の杉村は、父親の看病のため故郷に戻り
そこで出会った蛎殻の調査会社の手伝いで
巻田夫妻の離婚騒動の真相を調べることになる
当初は夫の浮気が原因の離婚だと思われたが…

・「二重身(ドッペルゲンガー)」
女子高生・明日菜の依頼は
『お母さんが付き合っていた人が
震災のあと、行方が分からないんです。
東北に行って震災に遭ったかもしれない…
毎日泣いている母のためにも
その人を捜したい、安否が知りたい…』



父親を看取った杉村は東京に戻り
杉村探偵事務所を開いたのだが…
あまり収入にはつながらない依頼ばかり!?
でもそれでも引き受けてしまう杉村
その人の良さがいいのよね(^_-)-☆

再出発の杉村に、お金持ちの御曹司
調査会社『オフィス蛎殻』の所長・蛎殻が
後押ししてくれたのも杉村の才覚と人の良さ!?

『希望荘』に登場した高校生・幹夫にも妙に信頼され
その後の依頼人二組は幹夫の紹介だったし
次回作にも幹夫再登場して杉村に付きまとって欲しいです(^^)


杉村探偵事務所としての第二シリーズ
第5弾も今から楽しみです(^o^)/






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_09_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.