「梟の系譜 宇喜多四代」



上田秀人さんの「梟の系譜 宇喜多四代」


表裏者の謗られようが
吾はそなたたちを見捨てぬ。

祖父の無念と父の願いを背負い
放浪の身から宇喜多家再興にひた走る直家。
陰謀と裏切りの梟雄とされた男の真実とは?

浦上に毛利、尼子、そして織田
周囲は強大な敵ばかり。

~「帯紙」より~


梟の系譜

内容(「BOOK」データベースより)

猛将だった祖父能家が裏切りに斃れた砥石城。

父興家と苦難の放浪を余儀なくされた少年八郎は、
豪商の助けで直家と名乗る。

だが宇喜多家再興の道のりは険しい。
強大な敵に囲まれ、宗主浦上家が牛耳る備前。

若き直家は生き残り、祖父と父の復讐を果たせるのか?

梟雄とされた男の苛烈な生涯。
その真実とは!?




勇名を馳せながら、裏切られ滅んだ祖父能家。
戦にむかず、放浪を余儀なくされた父興家。
「宇喜多の名を上げよ、八郎」

尼僧や豪商のもとに身を寄せながら
爪を研ぎ、復讐と家の再興のため
好機をうかがっていた少年は、
宇喜多直家を名乗り
やがて乱世の梟雄と呼ばれるようになる。

武士として生きるならば
修羅になる覚悟をせい。

~「帯紙」より~




本書は、『真田丸』とほぼ同時代なので
宇喜多秀家は高橋和也さんのイメージに
そして本書の主人公・宇喜多直家は
『軍師官兵衛』での印象が強烈に残っている
陣内孝則さんの姿で登場!


悪役非道のイメージが付きまとう直家像が
本書を読んでほんの少しですが変わりました。

今までの直家像は
お家を守るためには裏切りは当たり前
暗殺・毒殺の他、妻の実家や娘の嫁ぎ先を滅ぼし
結果的に妻や娘を自決に追い込む等、血も涙も無い人物

上田さんの直家像は
父や祖父の復讐、そしてお家再興の為
そうならざるを得なかった人物として描かれています。
でも読みながら直家に傾倒出来なかったですけどね^_^;


本書「梟の系譜」は上田作品としては珍しく
人物像の描写が淡泊だったので
最後まで物語の中へ入り込めず…

そして内容も史実をなぞっただけ?
エンタテイメントとして楽しむには
中途半端に感じました。


私が今までに読んだ上田さんの作品は
1巻読み切りよりシリーズものの方が面白かった!

まだ完結していないので積読になっている
シリーズものをそろそろ読み始めようかな?
『表御番医師診療禄』
『百万石の留守居役』
どちらも面白そうです(^_-)-☆

ちなみに積読が48冊あり

いつ読むの…^_^;



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_09_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.