「国際市場で逢いましょう」

Category: 映画 > ・韓国映画  



「国際市場で逢いましょう」


韓国で公開当時、観客動員数が歴代第2位となる大ヒットを記録。

朝鮮戦争で父や末の妹と生き別れになった男性の視点から
韓国の20世紀後半を振り返ったヒューマンドラマ。

~WOWOWより~



国際市場で逢いましょう

解説(「WOWOW」より)

「国際市場」とは、韓国の釜山を代表する庶民の街角。
朝鮮戦争で父親や末の妹と生き別れになり、
国際市場で暮らしながら彼らとの再会を望んだ男性の視点から、
朝鮮戦争以後の韓国の歴史をいち庶民の視点から描いた、
感動のヒューマンドラマだ。

朝鮮戦争後、一部の韓国人が
西ドイツやベトナムに渡っていたという意外な事実を示しつつ、
“同じ時代を一緒に生きた人々”と
“今も一緒に生きる幸せ”を大切にしたいという
普遍的で切実なメッセージがこめられた充実の快作だ。
出演はドラマ「LOST」のキム・ユンジンら。




内容(「WOWOW」より)

朝鮮戦争中に行なわれた「興南撤収作戦」がもたらした混乱の中、
ドクス少年は父親と“いつか国際市場で会おう”という
約束を交わしたのを最後に、父親や末妹と離れ離れになり、
母親や弟妹2人とともに避難民となって釜山で暮らすようになる。

大人になったドクスは家計を支えようと、
西ドイツの炭鉱に出稼ぎに行ったり、
ベトナム戦争の戦場で民間技術者として働くが、
そのどちらでも命を落としかねない非常事態に見舞われていき…。



(CAST)
ドクス⇒ファン・ジョンミン
ヨンジャ⇒キム・ユンジン
ダルグ⇒オ・ダルス
ドクスの父親⇒チョン・ジニョン
ドクスの母親⇒チャン・ヨンナム
ナム・ジン⇒ユンホ



監督⇒ユン・ジェギュン
脚本⇒パク・スジン
撮影⇒チェ・ヨンファン
音楽⇒イ・ビョウン


WOWOWの『W座からの招待状』枠で放送
東方神起のユンホが出演しているので
とりあえずHDDに録画しましたが…。

ユンホにお礼が言いたくなるほど!?
映画「国際市場で逢いましょう」秀作でした。


朝鮮戦争で生き別れた親子
父との約束を守り、家族の為に生きる長男・ドクス
そのドクスの生涯を通して
韓国の近代史を垣間見れる。


戦争に翻弄された人々の生きざまを
ユーモアを交えながら描いているので
重さや暗さをあまり感じることなく
最後まで観ることができました。



年老いたドクスの回想で始まる映画

妹や弟の学費を稼ぐため、ドイツの炭鉱へ出稼ぎに行ったり
国際市場の『コップンの店』を買い取るため
技術者としてベトナム戦争へ行っても
ドクスは無事帰ってくることを観客は知っている!
なので安心して?最後まで観ることができました(^^)


ちなみにベトナム戦争でベトコンに襲撃されるシーンで
ドクスは、ユンホ演じるナム・ジンに助けられる
ナム・ジンは韓国の人気歌手で実在の人物です。


ユンホはカメオ出演とのことだったので
出演シーンも短いだろうとあまり期待していませんでしたが
主人公を助けるというかなり重要な役どころでした。

ユンホが演じたナム・ジンの全羅道方言がよかった!
韓国語を知らない私が聞いても訛っているのが分かるほど
ユンホ(ナム・ジン)の訛ひどかったです(笑)


韓国で観客動員数歴代2位となっただけはありますね。
「国際市場で逢いましょう」いい映画でした。 




テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2016_09_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.