「暗幕のゲルニカ」



原田マハさんの「暗幕のゲルニカ」


ゲルニカを「消した」のは誰だ?

ピカソの名画をめぐる陰謀と希望
圧巻の国際謀略サスペンス

私は信じる、絵画の力を。

反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画
ピカソのゲルニカ。
国連本部のロビーに飾られていた
この名画のタペストリーが
2003年のある日、忽然と姿を消した…

大戦前夜のパリと現代のニューヨーク、
スペインが交錯する
華麗でスリリングな美術小説

~「帯紙」より~



暗幕のゲルニカ

(内容紹介)

一枚の絵が、戦争を止める。
私は信じる、絵画の力を。
手に汗握るアートサスペンス!

反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画
ピカソの〈ゲルニカ〉。

国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが
2003年のある日、突然姿を消した――
誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか?

ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。
現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、
知的スリルにあふれた長編小説。




今年の3月にゲルニカ(タピスリ)を見る機会があり
…実はタピスリなのであまり期待していなかった…
でも見事に期待を裏切り!?
ゲルニカ(タピスリ)素晴らしかったです!

運がいいことに広い展示室の中で
たった一人で観賞出来た瞬間もあり!

2~3分ほどだったと思いますが
ゲルニカ(タピスリ)をソファーに腰掛けながら眺めたり
間近で織目のひと目ひと目を食入るように見たり
とても贅沢なひと時でした。

その直後に本書を知ったこともあり
『暗幕のゲルニカ』を見つけたとき
原田マハ凄い!!
絶対読むぞー!!と
思わず本屋さんで叫んだ私(心の声ですが)

でも体調不良や仕事の忙しさもあって
結局、読むのが今頃になってしまった…^_^;



『ピカソの戦争』企画展の為
もう一度MOMAにゲルニカを展示したい!
そう思った瑤子の前に
次から次へと降りかかる無理難題

瑤子は何度も諦めかけるが…
絶望と思われたその交渉過程を
第二次世界大戦前後のパリと
9.11や湾岸戦争前後の現代を
各章で交互に挿入して描いている


原田さんの絵画小説は
本当に文句なく面白い!

『楽園のカンヴァス』『太陽の棘』
そして本書「暗幕のゲルニカ」
いずれも史実を絡めた物語なので
実際に起きた出来事だと錯覚してしまうほど!?
最後まで一気読みでした!



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_09_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.