「橋を渡る」



吉田修一さんの「橋を渡る」


今、この時の選択が
未来を変える――

大切な人の不倫、不正、裏切り
正義によって裁くか、見えないふりをするか
やさしさに流されてきた3人の男女が
立ち止まるとき――

新次元の群像ドラマ、ここに誕生。

~「帯紙」より~



橋を渡る

内容(「BOOK」データベースより)

ビール会社の営業課長、明良。
部下からも友人からも信頼される彼の家に、
謎めいた贈り物が?

都議会議員の夫と息子を愛する篤子。
思いがけず夫や、ママ友の秘密を知ってしまう。

TV局の報道ディレクター、謙一郎。
香港の雨傘革命や生殖医療研究を取材する。
結婚を控えたある日…

2014年の東京で暮らす3人の悩み、ためらい。
果たして、あの選択でよかったのか―





本書「橋を渡る」、構成が面白い!
ホームドラマ風に始まるのですが・・・
興味深く読ませてもらいました。
正しく“新次元の群像ドラマ”でしたよ(^^)

[目次]
【春―明良】
橋を渡る
下町に夕立つ
夏を踏む

【夏―篤子】
願いごと 叶うべし
男たちの言葉涼し
不感の湯につかる

【秋―謙一郎】
快哉を叫ぶ
太鼓に乱れる
鬼がくる

【そして、冬】




エピローグ


五つの章からなる物語ですが
[春・夏・秋]は2015年の出来事
[そして、冬で]は70年後の話
[エピローグ]2015年にもどる


不倫・収賄・自殺・殺人・生殖医療、等々
盛り沢山のエピソードをパズルのように散りばめ
各章にそれとなく絡めていく手腕は流石!
出来あがったパズルに納得です(^_^)v




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_08_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.