「まどろむ夜のUFO」




角田光代さんの「まどろむUFO」


異次元の世界に魅かれる若人たちの
幸福なコミューンを描く
新鋭女性作家による中編小説集。
~「帯紙」より~



まどろむ夜のUFO

(内容紹介)

私のほんとうの居場所はどこにあるのだろう

私の知らない「彼女」にジャムを作り、
いそいそ出かけていく高校生の弟・タカシ。

魂の前世を信じる、弟の怪しげな友人・恭一。
5日おきにデートする几帳面な同級生・サダカくん。
3人の奇妙な男に囲まれ、過ぎていく夏――。

心の底のリアルな感覚を描き共感を呼ぶ、角田光代の作品集。
野間文芸新人賞受賞作。




第18回(1996年)
野間文芸新人賞受賞


とても浮遊感のある物語でした
つかみどころがなく不安定
でも登場人物たちは
その中でいきいきと生きている


自由な彼らの生きざまは
世間一般から少しずれているかも!?

でも、彼等にとってはそんなこと関係ない
自らが選んだ価値観のなかで
仲間とコミューンを作り自由に過ごしている
それが幸せなんだと

私にはちょっと無い感覚でしたが…^_^;
物語として読む分には面白かったです。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_07_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.