「ルーズヴェルト・ゲーム」



池井戸潤さんの「ルーズヴェルト・ゲーム」


会社存亡の危機から
「奇跡の逆転劇」を見せられるのか。

~「帯紙」より~


ルーズヴェルトゲーム BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

「一番おもしろい試合は、8対7だ」
野球を愛したルーズヴェルト大統領は、そう語った。

監督に見捨てられ、主力選手をも失った
かつての名門、青島製作所野球部。
創部以来の危機に、野球部長の三上が招いたのは、
挫折を経験したひとりの男だった。

一方、社長に抜擢されて間もない細川は、
折しもの不況に立ち向かうため、聖域なきリストラを命じる。

廃部か存続か。繁栄か衰退か。
人生を賭した男達の戦いがここに始まる。






ドラマ版『ルーズヴェルト・ゲーム』


ルーズヴェルト・ゲーム ドラマ


2014年(4月~6月)、TBS系の「日曜劇場」枠で放送。

内容(「NEVER」より)
経営危機に直面している中堅部品メーカー「青島製作所」。
リストラを推し進める社長の細川(役:唐沢寿明)は、
リストラ案の1つとして青島製作所野球部の廃部を提案する。

「野球部は利益を生まず、コストだけが発生する」それが廃部の理由であったが、
会長で野球部創設者である青島(役:山崎努)は廃部の理由ではなく、
細川に経営者としてのイズムを尋ねる。対して細川は「イズムはない」と答える。

会社を守るためにはどんな手段も使うという細川の下、会社は着々とリストラを進め、
生き残るためにコストカットを邁進していく。作中では、この会社存亡の危機から、
奇跡の大逆転をすべく奮闘する細川の姿が描かれる。


(CAST)
細川充⇒唐沢寿明
三上文夫⇒石丸幹二
笹井小太郎⇒江口洋介
青島毅⇒山﨑努
朝比奈誠⇒六角精児
大道雅臣⇒手塚とおる
古賀哲⇒高橋和也
沖原和也⇒工藤阿須加
北大路犬彦⇒和田正人
仲本有紗⇒檀れい
山崎美里⇒広瀬アリス
諸田清文⇒香川照之




「ルーズヴェルト・ゲーム」
だいぶ前に購入したのですが
ドラマを先に観てしまい
本棚の積み本になっていた…^_^;

でも『下町ロケット』を読んで
内容を知っていても面白かったので
本書も遅ればせながら読みました!


ドラマでは細川社長が主役でしたが
原作では、複数の主要な登場人物
それぞれの立場の違いや心情を描くことで
物語の深みが増したように思います。

読みながらドラマの登場人物が浮かんで
笹井専務は江口さんのイメージでしたが
原作では結構年配でしたね^_^;

細川社長はイメージ通り!
そして工藤さんが演じた沖原和也
原作のイメージと工藤さんがピッタリで
ナイスキャスティング!!

ドラマ、原作共に、とても面白かったです。

経営不振の青島製作所が
あの手この手で追い詰められていく
だからこそよけいに奇蹟の大逆転が生きてくる!

読後の爽快さは格別でした(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_07_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.