「 風に立つライオン」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「風に立つライオン」


実在の日本人医師をモデルにした、
さだまさしの同名曲および同名小説を、
大沢たかおの企画と主演で映画化。

ケニアの国境地帯で医療活動に尽力した
日本人医師の献身を描く。
~WOWOW~



風に立つライオン MOVIE

解説(「WOWOW」より)

アフリカで献身的な医療活動を行なった
日本人医師・柴田紘一郎をモチーフにした
さだまさしの同名曲と同名小説をもとにした感動作。

楽曲に感銘を受けた俳優・大沢たかおがさだに小説化を勧め、
企画段階から関わって映画化実現にも奔走したという。
その熱意が実り、彼にとっては「解夏」「眉山」に続く
さだ原作映画への出演となった。

劇中では少年兵が殺し合う紛争地の現実に衝撃を受け、
物資も乏しい中での医療活動に志願する主人公を熱演。

監督は「テラフォーマーズ」の三池崇史。
共演は石原さとみ、真木よう子など。




内容(「WOWOW」より)

1987年。大学病院に勤める医師の航一郎は
ケニアの医療施設に派遣されることになった。

シュバイツァー博士に憧れた彼にとって
願ってもない話だったが、
それは一方で同じく医師の恋人、
貴子との別れも意味していた。

ケニアへ赴いて半年、
彼は国境近くの赤十字病院から協力を要請される。

物見遊山のつもりで依頼を受けた彼だったが、
そこで目にしたものは、少年兵たちが麻薬を打たれて
殺し合いをさせられる紛争地の現実だった。



(CAST)
島田航一郎⇒大沢たかお
草野和歌子⇒石原さとみ
秋島貴子⇒真木よう子
青木克彦⇒萩原聖人
田上太郎⇒鈴木亮平
児島聡子⇒藤谷文子
村上雅行⇒石橋蓮司



監督⇒三池崇史
企画⇒大沢たかお
脚本⇒斉藤ひろし
撮影⇒北信康
音楽⇒遠藤浩二

主題歌⇒さだまさし『風に立つライオン』





原作小説『風に立つライオン』


風に立つライオン BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

一九八八年、恋人を長崎に残し、
ケニアの戦傷病院で働く日本人医師・航一郎。

「オッケー、ダイジョブ」が口癖の彼のもとへ、
少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれた。
二人は特別な絆で結ばれるが、ある日、航一郎は…。

二〇一一年三月、成長したンドゥングは
航一郎から渡された「心」のバトンを手に
被災地石巻に立つ。

名曲をモチーフに綴る感涙長篇。





WOWOWの『W座からの招待状』枠で放送された際
HDDに録画して(やっと)観ました。
ホントはもっと早く観たかったのですが…


さだまさしさんの歌う『風に立つライオン』
壮大で美しく、ホントいい曲ですよね。


その『風に立つライオン』を
さださん自ら小説に書き下ろし
さらに映画化されたということで
上映当時、映画館へ行くつもりでいたのですが
残念ながらタイミングが合わず見逃してしまった^_^;
なので、WOWOWでの放送はホント嬉しかったです。


原作は未読です。
映画は、違う意味での感動を狙いすぎた?

私が想像していた内容と少し違っていましたが
映画としては面白かったです。

ただ、さださんの歌詞のイメージと
映画の内容がかなり違っているので
原作はどうなっているのか?
是非、読み比べてみたいと思います。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_07_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.