「ロマンス」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「ロマンス」


大島優子と大倉孝二共演のロードムービー。

小田急ロマンスカーのアテンダントが
映画プロデューサーに母親からの手紙を読まれたことから、
1日だけの小さな旅が始まる。

~WOWOW~



ロマンス

解説(「WOWOW」より)

「四十九日のレシピ」のタナダユキ監督が、
「百万円と苦虫女」以来、7年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化。

元AKB48というアイドルでありながら、
子役時代も含めて女優歴の長い大島が
複雑な心境を抱えるアテンダント役を繊細な演技で巧みに表現。
彼女の演技を引き立てる大倉のサポートぶりも光る。

大島演じる鉢子を困らせてばかりの後輩を演じる
野嵜好美のくせ者ぶりにも注目だ。

小田急グループの全面協力で
ロマンスカーの車内や駅構内での撮影が実現し、
リアルな質感と空気感が作品をさらに魅力的にしている。





内容(「WOWOW」より)

鉢子は新宿と箱根を往復するロマンスカーのアテンダント。
仕事の成績は常にトップで、
ミスの多い後輩のフォローも欠かさないしっかり者だが、
一方恋人の頼みを断われず金を貸してしまう
優柔不断な一面も持っていた。

そんなある日、彼女のもとに
もう何年も会っていない母親・頼子からの手紙が届く。

仕事中、制服のポケットに入れていた
手紙を破り捨てた鉢子だったが、それを
映画プロデューサーを名乗る桜庭に読まれてしまい……。



(CAST)
北條鉢子⇒大島優子さん
桜庭洋一⇒大倉孝二さん
久保美千代⇒野嵜好美さん
鉢子の恋人・直樹⇒窪田正孝さん
鉢子の母・北條頼子⇒西牟田恵さん
鉢子の上司⇒中村靖日さん



監督・脚本⇒タナダユキさん
撮影⇒大塚亮さん
音楽⇒周防義和さん・Jirafa

主題歌⇒三浦透子「Romance ~サヨナラだけがロマンス~」




WOWOWの『ウィークエンドエンタ!』枠で放送されたので
HDDに録画して観ました。

今月に入ってから体調不良が続き
仕事以外は家でおとなしくしているので
こんな時に撮り置きした映画は大助かりです。


今日は軽めの映画を観たいな!ということで
「ロマンス」時間98分、ちょうどいい(^_-)-☆

ロマンスカーで箱根へ降り立ち、観光地巡り
TVの前にいながら箱根へ行った気分になれる!?

映画の内容は、ちょっと無理な設定でしたけど
知らない二人が一緒に箱根巡り…しないよね!?
…まぁ映画なので^_^;


「ロマンス」思いのほか面白かったです(^_-)-☆
重くなりそうなストーリー展開でしたが
野嵜さんのクセのある演技や
大島さんと大倉さんのちくはぐなやりとりが
映画全体をホンワカとした雰囲気に

ラストシーンの鉢子の笑顔も良かったです。


"やらなかった後悔よりやった後悔"
大倉さん演じる桜葉が言った言葉ですが
その言葉が映画の中で一番伝えたかったことなのかな?

"やらなかった後悔よりやった後悔"
そうですね、やりたいことはやった方がいい
やらない後悔の方が後を引いてしまうかも…!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_06_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.