「御広敷用人大奥記録(七)(八)」



上田秀人さんの「御広敷用人大奥記録(七)(八)」



「操の護り(七)」


女の戦い、ここに極まる!
竹姫に忍び寄る新たな『恐怖』

聡四郎よ、御広敷用人としての覚悟を示せ!
はたして吉宗の想い女を守れるか。

緊迫のシリーズ第七弾

~帯紙より~

操の護り

内容(「BOOK」データベースより)

御広敷用人として将軍吉宗の寵姫・竹姫を担当する水城聡四郎は、
竹姫を襲い怪我を負い養生していた女忍の袖に突然、襲われる。

一方、これまで大奥の主となってきた天英院の企てた茶会の罠を
将軍吉宗の助けで乗り切った竹姫に、新たな罠が仕掛けられた。
それに対して、竹姫を護るために聡四郎が打った「秘策」とは―。
ますます好調のシリーズ、手に汗握る第七弾。




「柳眉の角(八)」


「許せぬ」
吉宗の逆襲!

寵姫・竹姫が襲われた恨みを晴らす―
将軍の命を受けた水城聡四郎に
新たな刺客が襲い掛る。

震撼のシリーズ第八弾

~「帯紙」より~

柳眉の角

内容(「BOOK」データベースより)

八代将軍・吉宗の寵姫である竹姫が
大奥女中の雑用を引き受ける男衆の五菜に襲われた。
竹姫の操を奪おうとした行為に吉宗は激怒。

竹姫付き御広敷用人の水城聡四郎は吉宗の命を受け、
竹姫を襲った五菜の背後にいる
「真の敵」を炙り出すべく動き始めた。
さっそく刺客に狙われた聡四郎は、
はたして「敵」をどう制圧するのか。
好調の人気シリーズ、躍動感満載の第八弾。





「御広敷用人大奥記録」久々に読みました。

全巻完結してから続きを読むつもりでしたが
七・八巻は手元にあったので我慢できず…
最終巻の出版を待てずに読んでしまった…^_^;
最新刊の『典雅の闇(九)』は手元になく未読ですが
続きが早く読みた~い!

上田さんの本はとてもテンポがいいので
読み始めると止まらない!




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_06_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.