「オーブランの少女」



深緑野分さんの「オ―ブランの少女」


「互いの痛みがわたしたちの絆だった」

病と傷を抱える少女たちは、庭園の館で暮らす。
謎の規則に従い、外界から隔離されて―――
~帯紙より~


オ―ブランの少女

内容(「BOOK」データベースより)

色鮮やかな花々の咲く、比類なく美しい庭園オーブラン。
ある日、異様な風体の老婆に庭の女管理人が惨殺され、
その妹も一ヶ月後に自ら命を絶つという痛ましい事件が起きる。

殺人現場に居合わせた作家の“私”は、
後日奇妙な縁から手に入れた管理人の妹の日記を繙くが、
そこにはオーブランの恐るべき過去が綴られていた。

―かつて重度の病や障害を持つ少女がオーブランの館に集められたこと。
彼女たちが完全に外界から隔絶されていたこと。
謎めいた規則に縛られていたこと。
そしてある日を境に、何者かによって次々と殺されていったこと。
なぜオーブランは少女を集めたのか。
彼女たちはどこに行ったのか?

楽園崩壊に隠された驚愕の真相を描いて、
第七回ミステリーズ!新人賞佳作に入選した表題作ほか、
“少女”にまつわる謎を描く全五篇を収める。





『オーブランの少女』
美しき庭園に隠されたもうひとつの庭の物語。

『仮面』
醜い姉と美貌の妹を巡るヴィクトリア朝ロンドンの犯罪譚。

『大雨とトマト』 
寂れた食堂の亭主を翻弄する過去の思いで。

『片思い』 
昭和初期の女学校で切ない想いに心を揺らす生徒たち。

『氷の皇国』
首のない骸にまつわる、皇国の命運を決した裁判劇。



微かな毒が少しずつ効いてくるような
禍々しさと耽美的な要素を含んだ五つの物語
異なる世界の少女たちを描いた、
かなり読み応えのある作品でした。


『戦場のコックたち』が面白かったので
本書「オ―ブランの少女」も読んだのですが
まるで違うジャンルが描かれておりビックリ!
近代史とブラックファンタジーですからね(+_+)
その上面白かったので、さらにビックリ!

オ―ブランがデビュー作で、コックが2作目
その2作を読んだだけですが
深緑さんの筆力に唸らされました!

これからが楽しみな作家さんです(^_-)-☆
3作目も期待していますよ~!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_06_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.