「トイレのピエタ」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「トイレのピエタ」


人気バンドRADWIMPSの野田洋次郎が
映画初出演にして初主演を飾った青春ラブストーリー。

余命3カ月を宣告された青年と、
勝ち気な女子高校生の心の触れ合いを綴る。

~WOWOW~



トイレのピエタ MOVIE

解説(「WOWOW」より)

「ピュ~ぴる」などドキュメンタリー映画の力作で注目された
松永大司監督が、フィクションの長編に初挑戦。

漫画家・手塚治虫の晩年の日記に書かれていたアイデアを原案に、
がんで余命3カ月となりながら、生きる意味を見つけられずに
残り少ない時間を浪費していた青年と、奔放な女子高校生との交流を綴る。

人気バンドRADWIMPSのボーカルとギターを担当する野田洋次郎が、
演技初挑戦ながらこの主人公役を好演した。
共演は女子高校生役に「MOZU」シリーズの杉咲花、
ほかリリー・フランキー、宮沢りえなど。





内容(「WOWOW」より)

28歳の青年・宏は、画家になる夢を諦めてフリーター生活を送っていた。
あるとき、彼はアルバイト中に倒れ、病院に運ばれる。
検査の結果を知るには家族の同席が必要と言われた彼は、
郷里の両親に連絡を取るのも煩わしく、
ロビーにいた女子高校生の真衣を妹と偽る。
検査の結果は、がんで余命3カ月。
突然のことに戸惑い、何をしても無駄と投げやりになる宏。
やがて、彼を病人扱いしない真衣の存在が心の支えとなるのだが……。



(CAST)
園田宏⇒野田洋次郎さん
真衣⇒杉咲花さん
横田⇒リリー・フランキーさん
さつき⇒市川紗椰さん
拓人⇒澤田陸さん
宏の父⇒岩松了さん
宏の母⇒大竹しのぶさん
拓人の母⇒宮沢りえさん


監督・脚本⇒松永大司さん
原案⇒手塚治虫さん
撮影⇒池内義浩さん
音楽⇒茂野雅道さん

主題歌⇒RADWIMPS「ピクニック」




松永大司さんの小説「トイレのピエタ」


トイレのピエタ BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

画家への夢を諦めてフリーター生活を送っていた宏は、
突然余命三ヶ月の宣告を受ける。

残された時間を知るまでは、この夏もいつものように、
ただやり過ごすだけの季節になると思っていた。

それが人生最期の夏に変わってしまった時、
立ちはだかるように現れた女子高生の真衣。

「私が生きてるんだから生きろ」
宏は、容赦なくありのままの感情をぶつけてくる真衣に翻弄され、
戸惑いながらも、生と死の間に強烈な光を見るが…。

もっとも純粋で痛切なラブストーリー。





ラブストーリー?
映画を観てラブストーリーだと違和感が…

宏にとっても真衣にとっても
恋愛対象というよりは
やり場のない怒りや悲しみ、諦め…
どうすることもできずにいた思いの塊を
お互いにぶつけあうことで浄化していく?

特に真衣は思ったままを正面からぶつけてくる
それが宏にとっては救いとなったのでは

正しくピエタですよ。

手塚治虫さんの晩年の日記が原案とのことですが
でもこれは松永大司さんの物語でした。

手塚さんだと『ブッダ』のような壮大な物語になったのでは?
もっと地球的な規模のトイレのピエタ?
地球浄化のような物語を想像してしまいます。
例えば萩尾望都さんの『マージナル』のような!?
『マージナル』では地球を浄化していました(^_-)-☆


宏役の野田洋次郎さんの気怠い演技がスゴク良かった。
自然体の演技は加瀬亮さんを彷彿させる!?

真衣役の杉咲花さん、目力が凄い!
NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』に三女役で出演中です。
気が強いけど心優しい美子役を
どう演じていくのか楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_06_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.