「64(ロクヨン)」



横山秀夫さんの「64(ロクヨン)」


昨年放送されたNHKの「土曜ドラマ」を観て面白かったので
小説「64(ロクヨン)」を、Yさんより借りて読みました。

原作でどう描かれているのか興味があったので
Yさんに感謝ですm(__)m




ロクヨン上 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。
記者クラブと匿名問題で揉める中、
“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の
翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。

だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。
組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、
ミステリ界を席巻した著者の渾身作。




ロクヨン下 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。
その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、
長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。

そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警を
さらに揺るがす事件が―。
驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。
ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。





映画版『64-ロクヨン-』


映画64

内容(「映画.com」より)

小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の前編。

わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。
事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。

かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、
現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、
刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。
そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する。


(CAST)
三上義信⇒佐藤浩市さん
諏訪⇒綾野剛さん
美雲⇒榮倉奈々さん
雨宮芳男⇒永瀬正敏さん
秋川⇒瑛太さん
松岡勝俊⇒三浦友和さん
三上美那子⇒夏川結衣さん
日吉浩一郎⇒窪田正孝さん
二渡真治⇒仲村トオルさん
目崎正人⇒緒形直人さん



監督⇒瀬々敬久さん
脚本⇒久松真一さん・瀬々敬久さん
撮影⇒斉藤幸一さん
音楽⇒村松崇継さん

主題歌⇒小田和正『風は止んだ』




ドラマ版『64(ロクヨン)』


ドラマ64

昭和64年に起きた未解決誘拐殺人事件・通称ロクヨン。
地方県警を舞台に、広報官の視点から描く話題作!


(CAST)
三上義信⇒ピエール瀧さん
三上美那子⇒木村佳乃さん
諏訪尚人⇒新井浩文さん
美雲志織⇒山本美月さん
雨宮芳男⇒段田安則さん
秋川修次⇒永山絢斗さん
松岡勝俊⇒柴田恭兵さん
二渡真治⇒吉田栄作さん
目崎正人⇒尾美としのりさん



脚本⇒大森寿美男さん
音楽⇒大友良英さん
演出⇒井上剛さん・増田靜雄さん
制作統括⇒屋敷陽太郎さん


平成27年度(第70回)文化庁芸術祭賞大賞(テレビ・ドラマ部門)を受賞


ドラマを先に観ていたので
もちろん内容は知っていたのですが
小説「64(ロクヨン)」時間を忘れてしまうほど
夢中になって読んでしまい
寝る前にちょこっと読むつもりが…なんと気がつけば朝!?
読み終え時間を確認したら午前7時を過ぎていました^_^;


警察の内部事情をここまで緻密に描いた物語は
他にはないのでは?と思えるほど凄い作品でした。

主人公の広報官(元刑事)、心を病んだ娘の家出、
警務部と刑事部の対立、記者クラブとの確執
未解決誘拐事件(ロクヨン)、警察庁長官視察、
ロクヨンを模倣した新たな誘拐事件、
まだまだありますが…
何本ものストーリが入り乱れ展開する
それを纏め上げた筆者の力量に喝采です!


D県警シリーズ、他にも
『動機』と『陰の季節』を読みましたが
「64(ロクヨン)」断トツでした(^_-)-☆






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.