「海街diary」

Category: 映画 > ・邦画  


吉田秋生さん原作、映画「海街diary」


鎌倉を舞台に描かれる、
家族の絆の物語。



海街diary MOVIE


解説(「シネマトゥデイ」より)

ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。

鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた
異母妹が共同生活を送る中、
さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。

メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。
テレビドラマ「八重の桜」などの綾瀬はるか、
『潔く柔く きよくやわく』などの長澤まさみのほか、
夏帆や広瀬すずらが共演。

実力派女優たちが繰り出す妙演はもちろん、
舞台となる鎌倉の美しい四季の風景も見どころ。




内容(「シネマトゥデイ」より)

鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳。そんな彼女たちのもとに、
15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。

葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、
そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すずと対面する。

身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、
気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、
彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。
こうして鎌倉での生活がスタートするが……。




(CAST)
長女・香田幸⇒綾瀬はるかさん
次女・香田佳乃⇒長澤まさみさん
三女・香田千佳⇒夏帆さん
四女・浅野すず⇒広瀬すずさん
三姉妹の母・佐々木都⇒大竹しのぶさん
海猫食堂店主・二ノ宮さち子⇒風吹ジュンさん
山猫亭店主・福田仙一⇒リリー・フランキーさん
医師・椎名和也⇒堤真一さん
大船のおばちゃん・菊池史代⇒樹木希林さん



監督・脚本・編集⇒是枝裕和さん
撮影⇒瀧本幹也さん
音楽⇒菅野よう子さん



原作は吉田秋生さんの「海街diary」シリーズ


蝉時雨のやむ頃 海街diary 1

コミックス1巻のあらすじ(「小学館」より)

しっかり者の長女・幸と
酒好きで年下の男に弱い次女・佳乃、
いつもマイペースな三女・千佳。

祖母の残した鎌倉の家で暮らしていた
3人のもとに、父の訃報が届いた。
そして幼いころに別れたきりだった父が残した
“異母妹”を迎えることになり…!?

家族の絆を描く、限りなく切なく、
限りなく優しい吉田秋生の新シリーズ。



『月刊フラワーズ』(小学館)に
2006年8月号より不定期に連載中(既刊7巻)
第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
2013年マンガ大賞受賞
第61回小学館漫画賞一般向け部門受賞。





吉田秋生さんの『ラヴァース・キス』


ラヴァース・キス

『ラヴァース・キス』(全2巻)は
「海街diary」のクロスオーバー作品です。
「海街diary」と同じく、鎌倉を舞台としており、
里伽子と出会う以前の朋章や、美樹・緒方らの兄弟が登場する。



映画「海街diary」のキャスティング絶妙でした!
特に広瀬すずさんは漫画から飛び出て来たようで
そして義理の姉・三姉妹もイメージ通りで良かったです。

ただ、原作から省略されたエピソードが
私としてはグッとくる場面だったので少し残念でした…
上映時間が2時間なのでカットも仕方ないですけどね^_^;
でも、すずの同級生、サッカー部の多田君には登場して欲しかったな。


吉田秋生さんの漫画、本当に面白いです!
私、吉田さんのコミックほぼ全作品持っていて
もちろん「海街diary」『ラヴァース・キス』も
映画を観る前に読み直しました!
映画を観る前に原作を読んだことで
私にとっては、より映画を楽しむことが出来ました(^_^)v

でも原作を読まずに先入観無しで映画を観た方が
登場人物の気持ちに、すんなり感情移入出来たかも!?
内容を知っていることで先々のシーンを
勝手に決め付けてしまい
どうしてもコミックと比べてしまう…。

純粋に映画を楽しみたいのなら
映画⇒原作⇒映画、の順が一番いいかもしれません。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_05_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.