「バベル九朔」



万城目学さんの「バベル九朔」


俺を追ってくるのは、夢か?女(カラス)か?

作家志望の雑居ビル管理人が巻きこまれた
世界の一代事とは?

~帯紙より~



バベル九朔

内容(「BOOK」データベースより)

作家志望の「夢」を抱き、
雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、
ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現れ問うてきた…
「扉は、どこ?バベルは壊れかけている」。

巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、
店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦―

心が安まる暇もない俺がうっかり触れた一枚の絵。
その瞬間、俺はなぜか湖にいた。
そこで出会った少女から、「鍵」を受け取った俺の前に
―雲をも貫く、巨大な塔が現れた。

著者初の自伝的?青春エンタメ!






今までに『悟浄出立』以外の万城目作品
小説は全て読みました。
かなり嵌まっている作家さんなので
エッセー『ザ・万歩計』も読みましたよ(^_-)-☆

でも本書「バベル九朔」は何かが違う…
今までの作風と何が変わったのか?

奇想天外さは相変わらずだし
物語の世界へグイグイ惹き込まれていく
それは今までと変わらないのですが
なぜか読みながらワクワクしない…
最後の頁を読み終えても“それでどうしたの?”

万城目さんの描く世界を読み解けず
消化不良気味になってしまい…
私には少々難解な作品となってしまいました^_^;

ただ読みながら映画を観ているような錯覚に!?
そこは流石“万城目さん!”
万城目作品の映像化率が高いのも頷けます。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.