「アルモニカ・ディアボリカ」



皆川博子さんの「アルモニカ・ディアボリカ」


その屍体は天使か悪魔か?

18世紀英国を震撼させた連続殺人事件から5年後。
暗号の刻まれた謎の屍体が
元解剖教室の面々を再び事件の渦中へ誘う。

本格ミステリ大賞受賞作
『開かせていただき光栄です』待望の続編!

~帯紙より~



アルモニカ・ディアボリカ

(内容紹介)

前作のラストから5年後の1775年英国。
愛弟子エドらを失った解剖医ダニエルが失意の日々を送る一方、
暇になった弟子のアルたちは盲目の判事の要請で
犯罪防止のための新聞を作っていた。

ある日、オックスフォード郊外で
天使のごとく美しい屍体が発見され、
情報を求める広告依頼が舞い込む。

屍体の胸には〈ベツレヘムの子よ、よみがえれ! 
アルモニカ・ディアボリカ〉と謎の暗号が。

師匠を元気づけるには解剖が一番!と、
アルたちはダニエルと共に現場に旅立つ。
それは、彼らを過去へと繋ぐ恐るべき事件の幕開けだった。

ユーモアとペーソスに満ちた絢爛な歴史ミステリ、
オールスター・キャストで再度開幕!





本書「アルモニカ・ディアボリカ」は、
前作『開かせていただき光栄です』の続編なので
前作を読んでいないと面白味が半減してしまう…

これから読まれる方は、出版順に読まれることをお薦めします。


犯罪情報誌「ヒューアンドクライ」の編集者となったアル達の元に
広告掲載を依頼する男が訪ねてきた。
広告の内容は、閉鎖した坑道のなかで発見された屍体
その胸に書かれた、『ベツレヘムの子よ、よみがえれ』
『アルモニカ・ディアボリカ』の情報を求めるものだった。

アル達が依頼を受けるに当たり謎を探っていくと
前作の主要人物の一人、ダニエル先生の元で働いていた
天才画家・ナイジェルの出生の秘密へと繋がっていく


史実を上手く絡めたストーリー展開
暗鬱で猥雑な18世紀・英国の活写
上流階級の腐敗しきった世界
それに翻弄される下流の人々

特に、ケンタウルスにされた男
精神病院ベドラムの描写は残酷すぎる


皆川さんの描く世界、ホント凄いです!
極上のヒューマンドラマ&ミステリー
随所に張られた伏線の数々
衝撃的な冒頭のシーンとラストシーン


前作を凌ぐ面白さに
第3弾もあるのでは?と
次回作を期待してしまいます。

シリーズ化して欲しいですね(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_04_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.