「脳内ポイズンベリー」

Category: 映画 > ・邦画  


豪華キャスト映画「脳内ポイズンベリー」


年下の男性に好意を抱いたアラサー女子の心の中で、
理性、ネガティブ、衝動、ポジティブ、
記憶が議論を続ける恋愛コメディ。

真木よう子、西島秀俊など豪華キャストが共演。

~WOWOW~



脳内ポイズンベリー MOVIE

解説(「WOWOW」より)

ドラマ化された「失恋ショコラティエ」の
水城せとなによる同名コミックを
「MOZU」シリーズの真木と西島、
吉田羊、神木隆之介ら充実したキャストが結集し、
「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市監督が映画化。

真木演じるヒロインのアラサー女子は
年下の男性に好意を抱くが、
彼女の脳の中では理性、ネガティブ、衝動、
ポジティブ、記憶という5つの思考が議論し、
彼女がどうすべきかをめぐって衝突し続ける。

ヒロインの恋と彼女の脳内にいる5人のキャラの争い、
両者が溶け合った独自の語り口が見ものだ。




内容(「WOWOW」より)

30歳で独身のケータイ小説作家いちこは、
知り合った7歳年下のイケメン、早乙女に対して胸がときめく。

そんな彼女の脳内では議長でもある男性“理性”のもと、
“ポジティブ”に考える石橋と
“衝動”を重視するハトコがいちこは
彼に話しかけるべきと主張。
一方、“ネガティブ”に考える池田は反対し、
いちこの“記憶”を知る岸さんは中立的な態度。

その後もいちこがどう行動すべきかをめぐって
彼女の脳内では争いが繰り返される。


製作年⇒2015年
内容時間⇒122分


監督⇒佐藤祐市さん
脚本⇒相沢友子さん
撮影⇒清久素延さん
音楽⇒井筒昭雄さん


(CAST)
櫻井いちこ⇒真木よう子さん
早乙女⇒古川雄輝さん
越智さん⇒成河さん
理性/議長(吉田)⇒西島秀俊さん
ネガティブ(池田)⇒吉田羊さん
ポジティブ(石橋)⇒神木隆之介さん
衝動(ハトコ)⇒桜田ひよりさん
記憶(岸さん)⇒浅野和之さん






水城せとなさんの原作漫画


脳内ポイズンベリー コミック

(第1巻の内容)

櫻井いちこ(29)は、飲み会で会って以来
気になっていた男子・早乙女(23)に、偶然遭遇。
『話しかける? 話しかけない?』
『押してみる?引いてみる?』
いちこの脳内ではめくるめく会議が繰り広げられ――?
怒涛の新感覚ラブ・パニック、開幕!




映画「脳内ポイズンベリー」CASTがスゴクいい!

『イタズラなKiss』の古川雄輝さんをはじめ
神木隆之介さん、西島秀俊さん
その上、真木よう子さんに吉田羊さん

なんと贅沢な役者陣!予約しなくては!
ということで内容をまるで気にせず!?
WOWOWでの放送を予約録画しました。


まず観た感想を一言
“面白かったです!!”
脳内の会議シーンに嵌まってしまった


脳内ポイズンベリー CAST


特に、ポジティブの神木隆之介さんと
ネガティブの吉田羊さんのテンポいいやりとりが
とても面白かったです(^^)
心(脳)の中での迷いはこういうことなの?


そして、衝動のハトコを演じた桜田ひよりさんと
いちこ役の真木よう子さんが、可愛い♡
十代のひよりさんと同等な可愛さを振りまいていた
三十代の真木さんって、ホント凄すぎます!


理性の西島秀俊さん、かっこいいけど笑えました(^^)


早乙女役の古川雄輝さんに、いちこと同じくひと目惚れ
でも早乙女とは付き合いたくない…かな^_^;
どちらかを選ぶとしたら越智さん!?
それにしても越智さんお気の毒で…。




『勇者ヨシヒコ』や『荒川アンダー ザ ブリッジ』のような
奇想天外なコメディーが大好きなのですが
こういうタイプのコメディー映画もいいですね(^_-)-☆
映画館で観ておもいっきり楽しみたかった!
そう思えた映画でした。






テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_04_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.