「繕い裁つ人」

Category: 映画 > ・邦画  


W座からの招待状より「繕い裁つ人」


祖母の洋裁店を引き継ぎ、
丁寧な仕事ぶりでお客にも信頼の厚い2代目店主。
彼女はかたくなに祖母の仕事を継承していく。

中谷美紀主演の心温まるヒューマンドラマ。

~WOWOW~


縫いたつ人

解説(「WOWOW」より)

大人の女性から圧倒的な支持を受ける池辺葵のコミックを、
「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」の
三島有紀子監督が実写映画化。

慣れ親しんだ神戸で撮影したいという監督の希望により、
神戸を中心とする関西でのオールロケとなった。

美しい風景や独特の空気感が醸し出す、
どこか不思議な雰囲気も見どころだ。

主人公の市江を演じる中谷の
りんとしたたたずまいが美しく、
顧客たちと交わす会話に
彼女の人間性がにじみ出るのも
出色といえるだろう。

そしてこの映画のもう一つの主役ともいえる
“洋服”の数々も見逃せない。




内容(「WOWOW」より)

神戸の街を見渡す坂を上ったところに、
“南洋裁店”という小さな看板を掲げる
古びた洋風の一軒家があった。

店主の市江が作る一点ものの手作りの洋服は
いつも即日完売という人気ぶり。

神戸のデパートに勤める藤井は
市江にブランド化の話を持ち掛けるが、
まるで頑固な老人のような彼女は興味を示さなかった。

だが、自分でデザインしたドレスを
作りたいはずだという藤井の言葉に、
市江の心に封印してきた何かが動き出す……。



製作年⇒2015年
内容時間⇒105分


(CAST)
南市江⇒中谷美紀さん
藤井⇒三浦貴大さん
牧葵⇒片桐はいりさん
葉子⇒黒木華さん
ゆき⇒杉咲花さん
南広江⇒余貴美子さん



監督⇒三島有紀子さん
脚本⇒林民夫さん
撮影⇒阿部一孝さん
音楽⇒小林洋平さん

主題歌⇒平井堅「切手のないおくりもの」





池辺葵さん原作コミック 「繕い裁つ人」


縫い裁つ人 漫画

内容(「講談社」より)

祖母の志を受け継いで、その人だけの服、
一生添い遂げられる洋服を作り続ける。

そんな南洋裁店の店主・市江と、
彼女の服を愛してやまない百貨店企画部の藤井。

微妙な距離感を保ちながら関わる二人と、
服にまつわる人々の思いを描き出す、
優しい優しい物語です。(全6巻)





毎週日曜日にWOWOWで放送されている
今もっとも観てほしい珠玉の名作を紹介する番組
『W座からの招待状』
今回は、三島監督の「繕い裁つ人」を上映

三島有紀子さんの映画
私、結構好きなんです♡

『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』
そして本作「縫い裁つ人」
どの映画も優しい空気感で、観ているだけで
ホンワカとした幸せな気分にさせてもらえる

そしてなにより三島監督の映画は映像がいい!
本作でも神戸の街がとても美しく
映画の世界観とピッタリ合っていました

中谷美紀さんも綺麗で
中谷さん演じる市江の作る洋服もステキ!

洋服を仕立てている市江の凛とした姿は
なぜか『ハウルの動く城』に登場したソフィーと重なり!?
ミシンの前に大きな窓があって
そこから柔らかな日差しが差し込んでくる
そのお店の雰囲気が、なんとなくソフィの帽子屋と似ている?

でも一番印象に残ったシーンは
市江が行きつけの喫茶店「サンパウロ」で
美味しそうにケーキを食べているシーン(^^)
(そのケーキが大きいんですよ!)
至福の時を過ごしている市江の表情がよかった♪

原作コミックも読んでみたいですね(^_-)-☆




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_03_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


02  « 2020_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.