「 ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

Category: 映画 > ・洋画  


ブラッド・ピット主演映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

80歳の老人として生まれ、
年を経て若返っていく男性ベンジャミンの運命を描いた、
感動のファンタジー。
第81回アカデミー賞で3部門を受賞。
~WOWOW~



ベンジャミン・バトン

解説(「WOWOW」より)

第81回アカデミー賞で同年最多の13部門にノミネートされ、
美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞を受賞。

「セブン」「ファイト・クラブ」でも組んだ
主演ピットとD・フィンチャー監督のコンビは、
奇抜かつ幻想的な物語を得て空前絶後の人間賛歌を生み出した。

物語が進むにつれて変化していく各時代を
精密に再現した映像が最大の見もの。

中でも若返っていく主人公を
20歳(ただし外見は60歳の老人)から演じたピットの熱演と、
主人公の年齢にあわせてピットを次々と変化させた
特殊メイクや視覚効果に驚かされる。





内容(「WOWOW」より)

1918年、ニューオーリンズ。
バトン夫妻の間に生まれた息子は
小さいがしわだらけという老人のような赤ん坊。

父親に捨てられた赤ん坊は
老人ホームを運営する女性クイニーに拾われ、
ベンジャミンと名付けられる。

不思議なことにベンジャミンは年月を経るうち、全身が若返っていく。
12歳の時、純真な少女デイジーと出会い、2人は仲良くなるが、
成長したベンジャミンは船員になって世界各地へ。
以後も彼の人生は数奇な道を歩む。



原題⇒The Curious Case of Benjamin Button
製作年⇒2008年
製作国⇒アメリカ
内容時間⇒167分


(CAST)
ベンジャミン・バトン⇒ブラッド・ピット
デイジー⇒ケイト・ブランシェット
エリザベス⇒ティルダ・スウィントン
クイニー⇒タラジ・P・ヘンソン
トーマス・バトン⇒ジェイソン・フレミング
キャロライン⇒ジュリア・オーモンド
ガトー⇒イライアス・コティーズ
7歳のデイジー⇒エル・ファニング



監督⇒デヴィッド・フィンチャー
製作⇒キャスリーン・ケネディ:フランク・マーシャル:セアン・チャフィン
原案⇒エリック・ロス:ロビン・スウィコード
脚本⇒エリック・ロス
撮影⇒クラウディオ・ミランダ
音楽⇒アレクサンドル・デスプラ



「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
以前紹介した『6才のボクが、大人になるまで。』とは
違った意味で驚愕!!

「ベンジャミン」は特殊メイクで老→若返りを
「6才のボクが」は実際の歳月をかけ成長していく
なんとも対照的な映画でした。

映画のストリーも斬新でしたが
撮影手法、特殊メイクや背景描写がホント素晴らしかった!

前々から気になっていた映画なので
WOWOWでの放送を機会に観ることができ良かったです。





テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2016_03_03


Comments

おもしろかったです。 

こんばんわ

これ面白かったですね。
発想も面白いし、ブラッド・ピットがいい味だしてました。

ホロコサン  URL   2016-03-03 22:59  

Re: おもしろかったです。 

こんばんわ♪
ホロコサン、コメントありがとうございますm(__)m

> これ面白かったですね。
> 発想も面白いし、ブラッド・ピットがいい味だしてました。

ホント、思いもよらない発想で面白い映画でしたね。
若返っていくブラッド・ピットの逆成長?も凄かったです!

SHION☆彡  URL   2016-03-05 01:26  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.