「茨の木」



さだまさしさんの「茨の木」


気づかれないほど小さくとも、
植物には必ず花が咲く。
人にも、きっと――。

突然逝った父、喧嘩別れした兄、
ロンドンで邂逅した「初恋の人」

父の形見のヴァイオリン作者を尋ねる旅が教えてくれたのは、
かけがえのない家族の絆と、人を愛するということだった。

「もうこんでよか」
それが、最後に聞いた父の言葉だった。
             ~「帯紙」より~



茨の木

内容(「BOOK」データベースより)

四十八歳の真二は、二年前に編集者の仕事を辞め、妻とも離婚していた。
そんな彼の元に、半年前、父の葬儀で喧嘩したきりの兄・健一郎から、
突然父の形見のヴァイオリンが届く。

そのヴァイオリンを修理に出した直後、健一郎の病を知る。
兄の思いをはかった真二は、ヴァイオリンの作者を求めてイギリスを訪れ、
そこでガイドとして現われた響子に、初恋の女性の面影を重ねるのだった。

多くの人の親切に助けられ、ついに辿り着いた「父の背中」と、
そこで真二が見たものは…。 待望久しい感動の長篇小説。





久々にさだまさしさんの本を読みました。

さださんの本は、『精霊流し』『解夏』も読みましたが
本作も含め、”感動の涙なしには読めない!”
小説家・さだまさし凄いです!
もちろん歌手&MCのさださんも凄いですけどね(^_-)-☆

私は、グレープ時代からさださんの曲が大好きで
ずっと聴いているのですが、正しく言葉の魔術師ですよね!
本書でも、内容はもちろんですが言葉の美しさに魅せられました。

そして、さださんの作品は登場人物がとても丁寧に描かれているので
物語の世界へとすっとはいっていける
本書も一気読みしてしまいました。

登場人物の中でのお気に入りは、マリーさんと花子ちゃん
二人のキャラが物語に潤いを与えたのでは!?
真二や響子の抱えている問題が重苦しい内容であるだけに
マリーさんのユーモア&機転と
花子ちゃんの天真爛漫さに救われましたね(^^)

真二、響子、花子、三人のその後も気になりますが
そして真二の兄との再会も・・・でも物語はそこまでは描いておらず
余韻のあるエンディングでした。

前向きな余韻を残しての幕引きに!?
さださん、流石です!上手い!!






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.