「首折り男のための協奏曲」



伊坂幸太郎さんの「首折り男のための協奏曲」


殺し屋の事情、黒澤の窮地、クワガタの憂鬱―

首折り男は首を折り、
探偵は物を盗み、
小説家は物語を紡ぎ、
あなたは―、この本を貪り読む!

「首折り男」に度肝を抜かれ、
「初恋」に惑って「怪談」に震え、
「昆虫」は覗き見され、「合コン」では泣き笑い。
「悪意」が黒澤を襲い、父は子のため「復讐者」となる―

全7編、胸元えぐる豪速球から消える魔球まで
出し惜しみなく投じられた「ネタ」のアンサンブル!

技巧と趣向の奇跡的な融合
          ~「帯紙」より~



首折り男のための協奏曲

内容(「BOOK」データベースより)

「首折り男」に度肝を抜かれ、「初恋」に惑って「怪談」に震え、
「昆虫」は覗き見され、「合コン」では泣き笑い。

「悪意」が黒澤を襲い、父は子のため「復讐者」となる―
全7編、胸元えぐる豪速球から消える魔球まで
出し惜しみなく投じられた「ネタ」のアンサンブル!



『首折り男の周辺』
『濡れ衣の話』
『僕の舟』
『人間らしく』
『月曜日から逃げろ』
『相談役の話』
『合コンの話』

以上の7つの短編からなる本書ですが
7つの物語を1冊の本に纏めた経緯が本編の最後に記されていました。

『この本は、いくつかの雑誌のために書いた短編をまとめたものです。
それぞれ、「恋愛ものを」であるとか、「怪談話を」であるとか
そういった依頼に合わせ書いていったものなので
一つにまとめることは念頭になかったのですが、
改めて並べ直し、手を加えていくと、
緩やかに繋がりができ、「首折り男なる人物の話であったものが、
いつの間にか黒澤という泥棒の話に変化していき、
それがまた首折り男に繋がり」という不思議な本になりました。・・・略』
―伊坂さんの言葉を抜粋・引用―

なるほど・・・いつもの伊坂作品とは趣向が違い
パズルのピースを当て嵌めるような
かっちりとした纏め方になっていなかったのも納得

連作のようで連作でない?つかみどころのない不思議な物語
でも何となく惹きつけられてしまい頁を捲る手が止まらず
結局一気読みしてしまいました(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.